<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
画期的な遭難対策グッズ誕生!
2/27(火)
d0007657_10192574.jpg
山で遭難した場合、超小型発信機を身に着けていれば、ヘリが現地に急行し、素早く遭難者の位置を特定します。(救助作業は別)。当店で発信機を¥3.000.で購入した上、「ココヘリ」に年会費¥3.650.を払い込めばOKです。これと遭難救助保険に加入していれば、手遅れになる前に迅速な救出が可能となります。山の会のメンバーだけでなく、単独登山愛好者にも心強い味方です。
d0007657_10191503.jpg
詳細は当店へお問い合わせください。

by kikunobu111 | 2018-02-27 10:36 | お知らせ
矢筈城跡480m(仁万)単独行
2/25(日)9号線を西へ向かう。道迷いの末、仁万の「矢筈城跡」の登山口へ到着。
d0007657_18251696.jpg
地元の爺さんに、「気を付けて」と言われ山道に入る。花も実も無い冬枯れの登山道をボチボチ登る。迷う恐れは無いが急こう配だ。
d0007657_18300342.jpg
30分で「笹ケ峠」。尾根は恐ろしく急で、殆ど四つん這い登山になる。
d0007657_18315957.jpg
ピークを二つ越えて、山頂へ。1時間弱かかった。見晴らしは良くない。
d0007657_18335131.jpg
BLACKDIAMONDのピック付きストックは非常に有効です。(宣伝)。
d0007657_18351988.jpg
山頂から真西に下降。とんでもない急斜面です。フィックスロープがある。
d0007657_18364609.jpg
この辺の山は独特の山容だ。ひたすら尖がってる。
d0007657_18382397.jpg
「冠巌」。この山の名物でしょう。これは登らねば!
d0007657_18400381.jpg
岩頭から麓を見る。下降がちょっと怖い?
d0007657_18410659.jpg
下から仰ぐ「冠巌」。カッコ良いですね。この後も急降下が続く。無事下山。地元の爺さんの「気を付けて」が良く解った。難易度は烏ガ山レベルかな?帰途、仁万の竜巌山の岩壁を仰ぐ。
d0007657_18422108.jpg
40年位前に、M君と正面壁を初登攀した思い出の岩場。第2登も出ぬままにルートは朽ち果てたが、3ピッチのルートで当時の6級はあったな。故・吉田和正氏が「ロック・アンド・スノー」で触れてくれたけど。
d0007657_20434545.jpg

by kikunobu111 | 2018-02-25 18:48 | 店主のプライベート
桧ガ山登山
2/21(水)平田に近づくにつれ雨も小降りになる。2回目の「桧ガ山」登山。
d0007657_10161481.jpg
解りにくかった登山口にも立派な標識が。
d0007657_10165951.jpg
隣の「大船山」より明るく開けたコースです。
d0007657_10180142.jpg
物凄い急登が続いて余り見晴らしの良くない山頂へ。25分かかった。
d0007657_10195206.jpg
この山はルートファインデイングが難しい。(特に下り)。道迷いに気を付けて!近郊の山としては、急斜面が続くので、底が柔らかい軽登山靴では苦労するかも。(ガッチリした本格的な靴がお勧め)。
d0007657_10232990.jpg
「桧ガ山」の遠望。怪峰・ジャヌーを彷彿とさせる威容。ちとオ-バーか?

by kikunobu111 | 2018-02-21 10:25 | 店主のプライベート
春の先駆け
2/20(火)
d0007657_16000877.jpg
郊外の山麓で見つけました。緑の宝石。

by kikunobu111 | 2018-02-20 16:01 | 店主のプライベート
厳冬期・福田頭 登頂
2/17(土)麓でキャンプ。
d0007657_16550617.jpg
猪鍋を堪能。翌日に備えて早めに寝る。満点の星空で気温も-10度C以下に下がり寒かった。
2/18(日)6時起床。7時50分出発。
d0007657_17003018.jpg
雪はクラストしてて、スノーシューだと殆ど沈まず快適。2週間前は夏道沿いのコースを辿ったが、今回は沢の左の尾根直登コースを選択。
d0007657_17033021.jpg
延々と急斜面の登行が続く。GPSと地図をにらめっこ。
d0007657_17390169.jpg
d0007657_17403041.jpg
1.050m付近で左のでかい尾根と合流。
d0007657_17422067.jpg
登山コースと合流。山頂は近い。
d0007657_17432685.jpg
11時半登頂。この冬、山頂にたった登山者はいるのだろうか?(写真)右は猿政山。中央が毛無山。左は大万木山。
d0007657_17460851.jpg
猿政山の右は吾妻山。広島県側から見る山容は素晴らしい。
d0007657_17475981.jpg
冬には珍しい快晴無風の山頂でコンロが使える。
d0007657_17491500.jpg
360度の大観を満喫して下山。下りは早い。1時間半程で登山口へ。
d0007657_17571537.jpg
近場の雪山でも疑似初登頂体験が出来る遊びです。地図を睨んで登頂可能コースを探し、アタックする。ちょっとした未知への挑戦でもある。

by kikunobu111 | 2018-02-18 17:50 | イベントレポート
超強力撥水剤の紹介
2/17(土)凄い商品が出ました。
d0007657_08594313.jpg
商品名は、コロニル(独)の「カーボンプロ」¥2.400.+TAX。
d0007657_09011031.jpg
試しに何年も使用した冬山登山用のソフトシエルパンツに撥水処理をして、水をかけてみました。完璧な水玉になります。★使用法は、洗濯したウエアや靴に表面が軽く濡れる程度に「カーボンプロ」を吹き付け、乾いた後軽くブラッシングするだけ。最高の撥水効果です。

by kikunobu111 | 2018-02-17 09:07 | 商品情報
嵩山登山
2/9(金)早朝は-10度C。和久羅山のつもりだったが、駐車場が見当たらない。上宇部尾に抜ける峠手前に駐車してスタート。
d0007657_11223983.jpg
踏み跡あり、ラッキーかアンラッキーか知らぬが、楽をさせてもらう。
d0007657_11242101.jpg
踏み跡は登山口の駐車場で終わってた。
d0007657_11252252.jpg
少し登ってワカン装着。気温は低いが、登りは汗ばむ位だ。
d0007657_11270686.jpg
あずまやを過ぎて、
d0007657_11274904.jpg
1時間10分で登頂。
d0007657_11282715.jpg
大根島が霞んで見える。駐車場まで戻ったら、これから登る単独のおじさんと遭遇。踏み跡バッチリつけてしまい申し訳ない。

by kikunobu111 | 2018-02-09 11:31 | 店主のプライベート
限定品入荷
2/7(水)「スポルテイバ」から限定品のデイパックが入荷です。
d0007657_15165335.jpg
左)黄色、¥15.800.+TAX。 右)黒、¥14.800.+TAX。
d0007657_15170202.jpg
2個のみ。早い者勝ち!

by kikunobu111 | 2018-02-07 15:19 | 商品情報
早朝ハイキング
2/7(水)松江郊外の真山へ。ワカンは持って行ったが使わず。フカフカの新雪を踏むと浮き浮きしてくる。
d0007657_15092267.jpg
山頂で膝まで埋まる。
d0007657_15104637.jpg
登山を始めた頃、ゴム長に荒縄を巻き付けて雪の中を登ったのを思い出す。老人になって、登山もスタート地点に戻ってくるのか。

by kikunobu111 | 2018-02-07 15:14 | 店主のプライベート
大山テレマーク滑降
2/4(日)大寒波の日曜、今冬初のバックカントリースキーに大山へ。
d0007657_19461353.jpg
樹氷に飾られた登山道。
d0007657_19480037.jpg
4合目付近で妥協して滑降開始。年に一度あるかないかの素晴らしいパウダースノーで、下手糞テレマーカーの俺でも樹林の間を自由自在にテレマークターン。気温は-12度C。
d0007657_19525198.jpg
この浮遊感を味わうと、山スキーは止められない。
d0007657_19533275.jpg
今回使用したオルトボックス(スイス)のウールミトン。暖かい!(天然油脂を含んだウールをボイルして圧縮した物)。寒冷地で威力を発揮します。¥5.300.+TAX。
d0007657_20012043.jpg
午後はクライミングジムへ。

by kikunobu111 | 2018-02-04 20:02 | 店主のプライベート