<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
水彩画展
実は1/4から広島銀行、松江支店で私のヘボ水彩画の展示をしておりました。ある人から頼まれたのですが、こんな絵を人前に晒すのは少し恥ずかしかったです。今日で展示は終わりです。もうちょっと上手くなったら、改めて個展をしたいと思っています。
d0007657_1894961.jpg

by kikunobu111 | 2010-01-29 13:22 | ・菊信ギャラリー
高渋山(松江、北山) 単独
1/26(火)HクラブのIさんが見つけたNEW登山コースを見に行く。
d0007657_20245363.jpg
加賀~佐波間の旧道トンネルを佐波側に出て、すぐ右側に道あり。これは昔の生活道らしく、立派な石垣が苔むしている。
d0007657_20272543.jpg
少し登って右に行くと切り通しで、そこに立派な岩場を発見。
d0007657_20294441.jpg
10mくらいありTRで充分楽しめそうだ。高渋山へは少し戻って滑り易い谷を詰めると稜線に出る。後はひたすら尾根伝いに本峰に至る。が、今朝は時間切れで途中でUターン。このコースが高渋山のメインルートになるでしょう。
d0007657_2038119.jpg

by kikunobu111 | 2010-01-26 20:27 | 店主のプライベート
大山、大休み峠スノーシューツアー 参加14名
1/24(日) 14名の大部隊で香取展望台を出発。
d0007657_20251268.jpg
快晴無風。冬山らしくない天候で、もう一つピリッとしない。雪は良く締まって、其の上に新雪が薄っすら。北壁辺りでは、新雪表層雪崩のリスクありだが、このコースは、ブナの樹林帯で安心です。
d0007657_20304753.jpg
全く踏み跡の無い雪原を進む。期待していたラッセルも無く、MSRのスノーシューが泣いてる。
d0007657_20331491.jpg
出発前は大休み峠までは無理と思っていたが、この状態なら行けそうです。
d0007657_2037680.jpg
青い空に甲ガ山が輝いてます。しかし晴れていてもこのコースはルートファインデイングが難しい。吹雪いたり、ガスッていたら大変です。
d0007657_2043349.jpg
そして3時間で大休み小屋着。大山東面、烏ガ山がクッキリ見える。
d0007657_20485878.jpg
d0007657_2050265.jpg
積雪量も少ない。これでは春山の雰囲気です。
d0007657_2054959.jpg
今回多くの人がMSRスノーシューを使用したが、急斜面の登行、トラバースが快適にこなせる。(特にライトニングアッセントは真の登山用スノーシューと呼べる。)outdoor kikunobu online shopへアクセス」
d0007657_20581567.jpg
下山は1時間40分ほど。
d0007657_2113049.jpg
d0007657_2165511.jpg

by kikunobu111 | 2010-01-24 20:30 | イベントレポート
アークテリックスと笠間ボルダー
1/13(水)アウトドアブランド「アークテリックス」の秋冬展示会があるので東京へ。午前中、時間つぶしに浅草見物。
d0007657_8362385.jpg
雪の山陰と打って変わって快晴の空です。
d0007657_8385260.jpg
午後カナダ大使館での展示会へ。
d0007657_856736.jpg
写真が無いのは情報漏れを恐れるメーカーへの配慮。アークは来期も凄い新製品を出して来ます。詳細は省きますが、他社には絶対真似の出来ない執念の物作りの姿勢には感動させられます。(製品化に6年以上費やした手袋とか下着など)
1/14(木)茨城県、笠間市郊外のボルダーに行きました。上野から鈍行で3時間近く掛かった。
d0007657_904285.jpg
入り口にある大黒岩。快晴だが朝の寒さは半端でなく、触る岩肌は氷を登っているようです。メインエリアの石倉ボルダーが見つからず、1時間近く山中をさまよう。
d0007657_94487.jpg
マットも無くスポッターも居ないので、危ない課題は敬遠です。それでも4級以下をどんどん落としていく。
d0007657_985225.jpg
d0007657_9123985.jpg
東京から来ていた三人組の若者に合流し「石器人スラブ中央」初段をトライ。見た目登れそうなスラブだが、結局4人で1時間余り頑張った末、靴底を減らしただけの結果に終わった。しかし楽しかったです。彼らと別れて夕暮れまで一人で岩と戯れ、遠い松江への帰途に着く。
by kikunobu111 | 2010-01-16 08:36 | 店主のプライベート
花見山(1188m)岡山県、  単独行
1/10(日)明智峠を越えて、岡山県いぶきの里スキー場に車を止める。軟弱さ丸出しでリフトを利用する。終点(800m位?)からスキーでシール登行。リフトの管理人から文句を言われないうちに、さっさと樹林帯に逃げ込む。
d0007657_18523687.jpg
急斜面の杉の植林帯をひたすらジグザグ登行。雪は湿って重く、下りの辛さが思いやられる。1.000m付近で主稜線に出る。尾根は嫌らしい藪が密生し、視界もさっぱり。
d0007657_1856313.jpg
それでもスキーだからこそ行程が捗る。これがワカンだったら大変だ。時々赤布が見え出し、2.5時間程で静まり返った山頂。
d0007657_18582611.jpg
さすがに山頂は寒い。カップラーメンを喰うが、これは冬山の行動食には不向きだ。消化が悪い。
d0007657_193011.jpg
即、下山開始。登りのトレースを辿る。ヤブをストックで払い除け、木の幹に抱きついて制動をかける変則スキー滑降が続く。それでも下りは早く、1時間程でスキー場へ。
d0007657_1984382.jpg
雲に隠れているのが花見山です。
d0007657_1921137.jpg
★冬の花見山は「花見山スキー場」から2回登ったが、こっち側からは始めて。未だ積雪量が不足で時期尚早か?
by kikunobu111 | 2010-01-10 18:52 | 店主のプライベート
大山、初登頂 単独
1/6(水) 
d0007657_132714.jpg
大東、大仁農道の最初の峠を越えて林道を辿ります。
d0007657_1328642.jpg
雪は少ない。長い林道を暫くで、山道に入る。
d0007657_13282887.jpg
遠く霞んでいるのが大山(617m)。
鳥取県の大山と同じ名前で前から気にはなってた。どうせヤブ山だろうから、積雪期がチャンスと今朝トライ。
d0007657_13295988.jpg
稜線を藪コギで熊笹に覆われた山頂。1時間10分掛かった。下山をショートカットしたら、訳がわからなくなる。高度で130mほど下って不安になり、ヤブの急斜面を雪まみれで登り返す。山頂まで戻って往路の踏み跡を辿る。かなりの時間ロス。(そのまま下っても問題無かった。?)
d0007657_1332289.jpg
林道に出てからは、小走り状態で下山。
d0007657_14411855.jpg

by kikunobu111 | 2010-01-06 13:27 | 店主のプライベート
正月ドタバタ
1/1大山某スキー場外で深雪を楽しみました。
d0007657_18594622.jpg
パウダーとは言えないが。
1/2
d0007657_1912719.jpg
記憶に残る限り生まれて始めての初詣に城山稲荷へ。
1/3兵庫、鳥取県境の東山(1.338m)を目指すが、ミスが重なって登れませんでした。
d0007657_197368.jpg
この山は登山道が無く、冬しか挑戦出来ない。近い内にリベンジしてやる。ジタバタしただけのお粗末な三が日が終わりました。★冬山の遭難が報道されてるが、現在も多くの登山者が深い雪の中で、じっと耐えて居るんだろうな。クールなベテラン達は、こういう試練も冷静に処理出来るのでしょう。
by kikunobu111 | 2010-01-03 18:59 | 店主のプライベート