<   2008年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
爺の登山小史 No38
全力投球の滝谷登攀から帰って、ヨーロッパアルプスに行こうにも、暇、金、登攀能力の三拍子揃ったパートナーは見つからず、地元でゴソゴソするしか無かった。三刀屋の雲見滝に良い壁があると聞いて開拓をしたり。岩は花崗岩で綺麗な節理の50m余りのフエースだ。取り合えず登りやすそうな中央の壁にアタック。途中から残置ハーケンがあり初登では無いようだ。我々は、左側のカンテルートを一本追加した。
爺の登山小史 No38_d0007657_13402851.jpg
当時の山日記
 断魚渓の岩壁にも行った。当たり構わず、ハーケン、ボルトを打ちまくってた。秋の大山、矢筈源流、右俣(熊谷)遡行もした。
爺の登山小史 No38_d0007657_149147.jpg
なかなかの秘境で手応えのある沢だった。このシーズンは、他に甲川遡行、大山、北壁の天狗沢、大屏風岩、滝沢、別山と欲求不満を解消する様に登りまくった。  しかし海外遠征に行きたいという思いは棄て切れない。そこにかすかな光明が見えてきた。当時地元S大学山岳部の連中とクライムする機会が増えたおかげで、山岳部のOK氏と知合いになった。彼は俺の登山路線とは毛色が違うが、1年かけて世界一周無銭旅行を達成して帰ったばかりだった。当時は海外に行くだけでも大変な時代で、小田実の「何でも見てやろう」という本が若者の間でベストセラーになっていた。俺は何度も、OK氏の下宿を訪ねて、彼の旅のノウハウを聞きまくった。次第に方向が定まってきた。ネパールヒマラヤだ!OK氏によると、ヒマラヤの5~6.000m級を登るのに、大袈裟な準備なんか要らない。金も要らない。めんどくさい登山許可なんか無視しろ。無許可登山したって誰も見ちゃいない。帰って黙ってりゃわかりゃしない。という極めて、アナーキー、アウトローな方式だった。当時のヒマラヤ登山といえば、何でも組織、組織で、頂上で日の丸を掲げるのが流行ってた。「登山なんて個人の遊びじゃないか。無理して大物量作戦で7.000~8.000mに行くより、気の合った少人数で身の丈に合ったピークを目指す方がよっぽど楽しいわ。」その点でOK氏とピッタリ意見が合った。
by kikunobu111 | 2008-10-31 13:55 | ・爺の登山小史
水彩 忌部
10/30(木)
水彩 忌部_d0007657_93620.jpg

by kikunobu111 | 2008-10-30 09:03 | ・菊信ギャラリー
石見銀山
10/26(日) 雨の日曜日。石見銀山に行きました。途中、龍岩山(石見城跡)に寄る。この岩場は30年位前、MI君と二人で通い、ルートを作った思い出がある。
石見銀山_d0007657_19145225.jpg
3Pあり、出雲部ではスケールのあるクライミングが味わえた。岩質が脆く、結構な冒険ルートだった。しかし他に誰も挑戦しない。昔の「岩と雪」に吉田和正がこの岩場の事を書いていた。「一見してボロボロで、打ってあるボルトも触ると今にも抜けそうだ。こんな田舎で一体誰が打ったんだろう?」と。肝心の銀山は、代官所跡から龍元寺間部までタップリ歩かされ、バテました。登山より遥かに厳しいです。
石見銀山_d0007657_1924684.jpg
石見銀山_d0007657_19242224.jpg

by kikunobu111 | 2008-10-26 19:26 | 店主のプライベート
Mウオール
10/25(土) 「松」3級、やっとクリア。高さ4mの壁に30数回のトライ、延べ3日かかった。大満足です。今日は1日幸せでしょう。勢いで2級もトライ。これも射程内に入ったぜ!?
by kikunobu111 | 2008-10-25 09:59 | 店主のプライベート
魚突き 
10/22(水)朝6時台の海は寒い。そろそろ俺の潜りもシーズン終了か?水揚げゼロ。
魚突き _d0007657_1417973.jpg

by kikunobu111 | 2008-10-22 14:17 | 店主のプライベート
爺の登山小史 No37
4/30 4:30出発。出発時の天候は穏やかだった。合流点に着き、真ん中のC沢に入る。カチカチに凍った雪の急斜面上部から、時折落石がブーンと気味の悪い音で飛んで来る。これがパチンコ玉みたいに、沢の側壁に跳ね返って真横からも飛んでくるのだ。身を隠す場所も無く、スノーコルまでの2時間は生きた心地がしなかった。先行パーテイがいたので取り付きでザイルを結んだままツエルトを被って待つ。第4尾根の出だしは脆い岩場だ。二人で交互にトップを受け持つ。凍ったカンテに馬乗りにしがみ付きピッケルを振るって手掛かりを削りだしながら攀じ登る。天気は次第に悪化している。9ピッチ目のツルム側壁はヌルテカの氷に覆われ、ハーケンも氷雪の下に隠れて、恐怖のフリークライミングだった。冬の大山でも経験したことの無い強烈な寒さと風の中、ツルムのコルへ懸垂下降し、最後の登攀に入る。13ピッチの苦闘の末、Dカンテ上の終了点に出るが、急な雪稜が続きザイル確保で進む。北穂~涸沢岳間の稜線は物凄い風雪で岩にしがみつかないと、涸沢側に吹き飛ばされそうだ。ザイルを解いたら、40mのザイルが魔法のロープみたいに垂直に空に向かって立ち、引っ張ってもビクともしない。滝谷の上昇気流の激しさを物語っている。
爺の登山小史 No37_d0007657_13394950.jpg
夕闇の稜線に落ちてきたザイルは複雑に岩に絡みつき回収不能となる。稜線の涸沢側に、小さい雪洞を発見。中にいたクライマーに頼んで避難させて貰う。夜中になって後続パーテイも到着し、狭い雪洞に入れないので、上半身だけ突っ込んでビバーク体勢に入る。文字どうり風雪のビバークだ。
5/1後から来た二人のクライマーは下半身雪に埋まったまま熟睡してた。昨日滝谷では、2パーテイが岩場で滑落し行方不明とのこと。我々も結構ギリギリだったなー。ザイルを何とか回収し、白出のコルから下ろうとしたが、ザイテングラードは雪崩の危険性が高いので、涸沢岳手前の稜線から涸沢に向け一直線に下る。涸沢のテント村まで降りたら風も止んだ。疲れた体で上高地までの単調な道をウンザリしながら歩く。小梨平でツエルトを張る。
5/2 8時に出発。河童橋を観光客に混じって渡り、西穂山荘へ登る。ロープウエイで新穂高へ。高山から鈍行で名古屋へ。夜中に大阪に着いて、駅構内で新聞紙を敷いて仮眠。
5/3長く厳しい山行を終えて、松江に帰る。
by kikunobu111 | 2008-10-21 10:37 | ・爺の登山小史
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名
日本100名山の一つ、恵那山に登りました。翌日は旧中山道(妻籠~馬籠)をハイキング。
10/17(金)夜行貸切バスで出発。
10/18(土)早朝、広河原コースの登山口で出発準備。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_8483991.jpg
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_8485651.jpg
晴天に恵まれ全山紅葉の登山道を辿る。南、中央アルプスの稜線、白い富士山を眺めながらの良いコースだ。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_8514038.jpg
3.5時間ほどでなだらかな山頂着。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_854770.jpg
山頂で記念撮影(O君の日本100名山完登を同時に祝う)
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_8562790.jpg
山頂無人小屋。立派です。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_85757.jpg
見晴台にて。
下降は黒井沢コースに取るが、長くてキツイです。(一般には広河原コース往復がお勧め。下には温泉もあります。)
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_904621.jpg
唐松林をグングン下る。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_91144.jpg
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_935984.jpg
下山は登り以上の時間がかかった。バスで下る林道も悪かったです。今日の宿は妻籠の民宿です。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_97323.jpg
囲炉裏で寛いで宴会に突入です。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_993151.jpg

10/19(日)今朝も快晴。妻籠から馬籠峠を越えるハイキングに出発。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_914661.jpg
杉木立の旧中仙道をゆっくり登ります。島崎藤村の「夜明け前」の舞台です。主人公、青山半蔵が色んな思いを抱きながら何度も歩いた道かと思うと感慨ひとしおです。あの長い小説が急に身近に感じられてきました。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_9195978.jpg
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_9204918.jpg
馬籠峠を越えると、遠くに恵那山がドーンと聳えています。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_9232963.jpg
馬籠宿手前の農家。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_922594.jpg
午後8時には帰宅しました。
恵那山(2.191m 岐阜県) 参加13名_d0007657_17325995.jpg

by kikunobu111 | 2008-10-20 09:10 | イベントレポート
爺の登山小史 No36
1974年(昭和49年)ゴールデンウィークにO君を誘って、穂高に行った。当時の「岳人」に、残雪期に北穂、滝谷を出合から詰め、第4尾根が余裕で登れたらヨーロッパアルプスの岩壁は大丈夫と書かれてたのを読んで、「そうか、そうか」とその気になってしまった。欲張って錫杖岳の岩壁も登ってやろうと意気込んで、松江駅から夜行列車に乗る。翌日、汽車やバスを乗り継ぎ、槍見温泉、露天風呂の横にテントを張る。友人達から差し入れのウイスキーを空けたらへべれけに酔った。
4/28 朝起きたら強烈な悪臭がする。テントの中は二人のゲロで滅茶苦茶な状態だ。ゲロにまみれたザイルを拭いて出発。残雪を踏んでクリヤ谷から錫杖沢に入る。頭上には前衛フエースが黒々と聳えている。
爺の登山小史 No36_d0007657_1405595.jpg
錫杖岳前衛フエース
 遠くから見ると、笠が岳の中腹にコブみたいに突き出したパッとしない山だが、岩登りのコースとしては一級品だ。一般登山コースは無く、クライマーの別天地なのだ。俺もこの山が大好きで今回が3回目だが、前衛フエースに挑戦するのは初めてだ。多少宿酔気味だったが、ザイルを結んで垂直の岩を攀りだしたら、いっぺんにシャンとした。この登攀の記憶はあいまいだが、確かど真ん中のルートを選んだと思う。残雪は殆ど壁に付いてなく硬い岩を気持ち良く登った。最後のピッチが悪く、ハーケン5本打ち突破。Ⅴ級以上だった。9Pの登攀を終え、雪の降り出したヤセ尾根を烏帽子岩の基部を巻いて、西肩から雪渓を下降。途中で夜になりヘッドランプを出す。
4/29 遅くまでテントの中で朝寝。バスで新穂高へ。昼前歩き出す。眩しく輝く雪道を滝谷出合を目指す。滝谷に入り、雄滝はデブリに埋まった右岸を簡単に越える。狭いが平らな所を見つけツエルトを張る。コメツガの枝をタップリ敷いて、ツエルトの中は針葉樹の香りに満ちた快適なビバークとなった。軽量化の為、俺は半身用寝袋だけ、O君はダウンジャケットのみ持参した。
爺の登山小史 No36_d0007657_13444678.jpg

by kikunobu111 | 2008-10-17 10:20 | ・爺の登山小史
Mウオール
10/15(水)5時から起きて、イソイソとMウオールへ。今朝こそ落としてやろうと思ってた課題、全て失敗。しかしどれも2~3手伸びたので良しとするか?
Mウオール_d0007657_9334840.jpg
この「松」3級は小憎らしい!今度こそ。
by kikunobu111 | 2008-10-15 09:35 | 店主のプライベート
水彩 せいたかあわだちそう
10/14(火)
水彩 せいたかあわだちそう_d0007657_17512198.jpg
大根島にて
by kikunobu111 | 2008-10-14 09:30 | ・菊信ギャラリー