<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
爺の登山小史 No13
1965年初冬の八ヶ岳、赤岳沢に行った時の話だ。何も無い荒涼とした風景の小海線、清里駅で降りる。沢に入ると雪渓がタップリ残って、二人パーテイは順調に滝を一つ一つ越えて行った。最期の難しい滝の下でアンザイレンし、俺がトップで登り、雪渓の中から突き出ていた大木にセルフビレイを取って、肩がらみで後続を確保した。彼は後2mという所でスリップし、宙に浮いた。緊張してロープを握り締める。肩がらみでは、上体が引き込まれるが、セルフビレイがしっかりしてるから、安心と思ったら、ロープを結んでいた大木は、単に雪渓に埋まっていただけで、生きた木じゃなかった。俺の体もパートナーと一緒に空中に浮かんでた。勿論、セルフビレイの倒木も道ずれに。
爺の登山小史 No13_d0007657_10501360.jpg
気がついたら滝下の急な雪渓のクレバスに楔を打ち込んだ様に頭から刺さっていた。パートナーは足から刺さってたので、すぐ脱出し、俺の脚を引っ張るが抜けない。リュックの負い紐を切ってやっと脱出した。10m位落ちたのに二人とも怪我も無く一安心。しかし上手くクレバスに嵌らなかったら、急な雪渓を滑り落ちて、次の滝へダイビングしてただろう。夕闇が迫り、稜線は遠い。草付き斜面の座布団位のテラスに並んで腰掛け、体を付近の木に固定して夜を迎えた。夜中の寒さは尋常で無く、5分置きに時計を見ながら朝を待った。翌朝、コッヘルの水がガチガチに凍って、正面に真っ白い富士山を眺めながら最期の登りにかかる。
by kikunobu111 | 2007-12-31 11:01 | ・爺の登山小史
「永遠の未踏峰」 渡辺由輝 山渓
寒いし、悪天だし、しょうがないので、上記の本をパラパラと読む。人は何故山に登るか?という問いに真っ向からぶつかっているが、今一ピンとこない。俺がアホなせいか?しかし中々面白かった。この本で取り上げられているのは、アルピニストの世界だ。「登山は死に至る病」です。判りやすく言えば、「馬鹿は死ななきゃ治らない。」という事でしょうか?過去のすごい登山家達「大馬鹿達」が沢山出てきて、なつかしかった。
「永遠の未踏峰」 渡辺由輝 山渓_d0007657_951352.jpg

by kikunobu111 | 2007-12-31 09:51 | 店主のプライベート
室井登喜夫のブログ
12/30(日) 雪は降るし、暇つぶしにインターネット見てたら、「Tokio Climbing」というブログに遭遇。彼の淡々ととぼけた味が良いです。ボルダラー必見!(昔、彼の一家と城が崎で一緒に滞在したことがあったっけ。)
by kikunobu111 | 2007-12-30 10:39 | 島根半島の岩場
小伊津、洞窟ボルダー復活
12/28(金) 雨になって、Mウオールも使えないし、はたと思い浮かんだのが、以前良く通った小伊津ボルダー。行って見るとすごく様変わりしていて、洞窟前は公園になり、綺麗なトイレもある。洞窟内は、1.5m程低くなり相当キビしくなってるが、下地も悪くないし、充分楽しめる全天候型のボルダーだ。マット最低2枚とスポッターは欠かせないが。
小伊津、洞窟ボルダー復活_d0007657_1048124.jpg
小伊津、洞窟ボルダー復活_d0007657_10482121.jpg
小伊津、洞窟ボルダー復活_d0007657_10483126.jpg
★洞窟前まで車で行ける。アプローチ30秒。最近、又、自然回帰志向になって来た。なんてったって生岩が一番です!
by kikunobu111 | 2007-12-28 10:49 | 店主のプライベート
クリスマスプレゼント
12/27(木) 余りに天気が良いので、フラフラと半島海岸をさまよう。そして巨石の国に出くわした。 実は10数年前から来ていたのだが、ボルダーマットが無い時代で、怖くて一部の岩しか触れず、そのまま捨ててたエリアだったが。分厚いマット2枚とスポッターがいて、干潮なら無数の課題が出来るのは間違いなし!
クリスマスプレゼント_d0007657_11161234.jpg
クリスマスプレゼント_d0007657_11162371.jpg
クリスマスプレゼント_d0007657_11163598.jpg
クリスマスプレゼント_d0007657_11164421.jpg
クリスマスプレゼント_d0007657_11165584.jpg
どうだ!アプローチは駐車場から5分。
by kikunobu111 | 2007-12-27 11:17 | 店主のプライベート
鼻高山トレールランニング 単独
12/23(日) 昨日から、大山に登ろうか?出雲北山でトレランか?と迷ったが、昼前には帰って仕事だし、夏道もウーン?!という事で、小雨の国道を出雲へ。矢尾に駐車して、スタート。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_16593468.jpg
間もなく青空も見えて来る。最初の登りは苦しい。スローで鼻高山頂まで45分。宍道湖の風景が素晴らしい。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_16595123.jpg
すぐ井怒谷峠への下り。雨のせいでトレールは滑り易い。乾いてたらガンガン飛ばせるところだが。峠まで15分。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_1701052.jpg
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_1703031.jpg
今回は片手にGPSを持って走る。(雪山登山に備えての訓練だが、誠に便利な道具だ。)鰐淵寺まで峠から15分。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_1713159.jpg
寺から谷沿いの緩やかな登りが長く続く。途中で合流する谷は全て滝となっていて、沢登りの練習に良さそうだ。が、ツツガムシ病がヤバイかな?大きな雄鹿が
目の前を横切った。遥堪峠まで寺から30分。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_1722965.jpg
斐川平野目指して、駆け下る。
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_172474.jpg
全行程2時間20分で駐車地点に到着。来て良かった。面白かった!
鼻高山トレールランニング 単独_d0007657_173967.jpg

by kikunobu111 | 2007-12-23 15:57 | ・島根県内
真山ボッカ縦走
12/19(水) 25kgの負荷で真山逆縦走コースを歩いた。鳥ノ子山まで一気に行く、が、キツかった。
真山ボッカ縦走_d0007657_11301054.jpg
後は真山まで気持ちの良いトレール。
真山ボッカ縦走_d0007657_11312290.jpg
さすがに腰に応えた。負荷の水をぶちまけて下山。
真山ボッカ縦走_d0007657_11322083.jpg
この写真の辺りは何時通っても良い。吊尾根状で穂高の吊尾根より魅力的です。全部で2時間余りの縦走でした。
真山ボッカ縦走_d0007657_11452138.jpg

by kikunobu111 | 2007-12-19 11:36 | ・松江市内
爺の登山小史 No12
この頃(昭和39~40年頃)の思い出に残る登山は、4月末、南アルプス「聖岳」~「荒川三山」の縦走だ。遠山川沿いのアプローチに丸一日かかり、二日目に聖小屋。ここで猛吹雪のため停滞。聖越えは雪庇に神経を尖らせた。
爺の登山小史 No12_d0007657_1528163.jpg
後半天気は持ち直し、二軒小屋から、転付峠を越えて一週間の縦走を終えた。帰ってみたら、我々が聖岳で疲労凍死したとTVや新聞に出ていて、家族や学校は大騒ぎになっていた。(同年代の別グループが、あの猛吹雪の日に行動して、百間洞辺りで遭難したのが、間違われたのだ。)
 6月の谷川岳、一の倉沢では、アプローチの衝立岩テールリッジの逆層スラブで20mほど滑って、あわやヒョングリ滝転落寸前で停止。
爺の登山小史 No12_d0007657_145606.jpg
その後、南稜を登ってたら、目の前の4ルンゼで岩に挟まった2死体を救助隊が収容してた。やり方はいたってシンプルで、死体を蹴飛ばして落とすだけ。岩場を跳ね返りながらドスンドスンと落ちていく光景は、へー!?という感じだった。
by kikunobu111 | 2007-12-17 15:07 | ・爺の登山小史
菊信じじいの登山小史 No11
今年の2/23で中断していた連載物を再開しました。くだらない内容ではありますが。
 山岳部では、挫折の連続だったが、個人山行は楽しかった。合宿の時は鬼の先輩も、妙に優しく思いやりに満ち溢れていた様な。中央アルプスを5月下旬に全山縦走した時は、越百山の登りで、道に迷い、這い松の下で初ビバーク。
菊信じじいの登山小史 No11_d0007657_16433231.jpg
三日目は木曽駒からの下山だったが、当時はゴンドラなんて無く、ひたすら15時間位歩いて下った。夜の山道で、つまずいて傍の木に手をついたら、幹のウロにいた野鳥に噛みつかれ腰を抜かしたこともある。飯田線の駅までの道が判らなくて、夜の11時頃、農家の戸を叩いたら、一家族が土間でムシロにくるまって寝ていた。そんな時代である。
by kikunobu111 | 2007-12-16 18:05 | ・爺の登山小史
島根半島 2名
12/15(土) 路面が濡れて期待薄だが海岸に行く。案の定、何処もビショビショ。ルートは諦め、濡れの少ないボルダーで遊ぶ。首と背中の痛みは治らない。
島根半島 2名_d0007657_118172.jpg
このハイボルダーは一本しか課題(TR)が無いが、まだ出来そう。
島根半島 2名_d0007657_1182935.jpg
島根半島 2名_d0007657_1184092.jpg
島根半島 2名_d0007657_1185192.jpg
島根半島 2名_d0007657_119116.jpg

by kikunobu111 | 2007-12-15 11:09 | 店主のプライベート