カテゴリ:店主のプライベート( 857 )
備中1ルンゼ
4/22(日)何をとち狂ったか、半年振りのリード・クライミングに備中のNEWエリア・1ルンゼに。
d0007657_19543932.jpg
面白くて辛めのルートを楽しく登ってきました。
d0007657_19555396.jpg
ロープクライミング初体験の高1・K君、頑張る。
d0007657_19571957.jpg
5.10dをマスター・オンサイトを目論むも、核心部でホールド見落とし痛恨のワンテン。まー、こんなものか?
d0007657_19592460.jpg
1ルンゼ奥には,凄いスケールの岩壁があります。久しぶりの石灰岩クライミングを満喫。

by kikunobu111 | 2018-04-22 20:01 | 店主のプライベート
山菜
4/20(金)早朝活動で山菜採り。
d0007657_10335621.jpg
左から、木の芽、コシアブラ、タラの芽。松江近郊、タラの芽街道と言えるくらい生えてるが、少し伸びすぎ。コシアブラは中々見つからない。

by kikunobu111 | 2018-04-20 10:37 | 店主のプライベート
早朝ハイキング・大万木山(単独)
4/13(金)週末は悪天模様らしいので大万木山へ向かう。平日の為か森閑とした山道を辿る。
d0007657_14542941.jpg
冬眠から覚めた熊さんに会いたくないので、時々笛を吹きながら。
d0007657_14560363.jpg
山頂に近づくと残雪の上を歩くようになる。トレランシューズで固い雪を蹴りながら登る。
d0007657_14575046.jpg
静まり返った山頂小屋付近。
d0007657_14582588.jpg
2時間弱で登頂。
d0007657_14590019.jpg
ブナの葉が落ちて、明るい頂上です。
d0007657_14595621.jpg
下山は飛ばして1時間。お昼に帰宅。

by kikunobu111 | 2018-04-13 15:00 | 店主のプライベート
韓国ボルダリングと登山・一人旅
4/7(土)韓国、釜山周辺をウロチョロしてきた。
d0007657_08483348.jpg
博多から高速フェリー(水中翼船)で3時間。
d0007657_08495395.jpg
穏やかな日本海です。夕暮れの釜山市内で宿探しに焦りまくる。何とか安宿発見(\3.500.)
d0007657_08511805.jpg
地下鉄車内。翌日はマットを担いで釜山大学駅で下車しボルダー探し。大学構内に迷い込んだり、どこに岩はあるんだ?
d0007657_08555860.jpg
汗ばむ陽気。満開の桜の下を「金剛山公園」へ。どーも、ここが臭いぞ!
d0007657_08580801.jpg
ありました。釜山市民の憩いの場、遊歩道の周辺に花崗岩のボルダーがゴロゴロ。早速トライ。
d0007657_08595117.jpg
ボルダラーも居なければ、チョーク跡も無い。
d0007657_09011403.jpg
こりゃ勝手に課題作って遊ぼう。
d0007657_09020939.jpg
7~8本登るが、写真・左の4級が面白かった。
d0007657_09032269.jpg
登ってる横を遠足?の幼稚園児が通り過ぎる。宿に帰ってマットを預け、西部バスターミナルから高速バスで晋州へ。満開の桜と新緑に彩られた農村風景を眺めながら1.5時間。
d0007657_09050945.jpg
翌日はドンヨリとした空。バスで智異山へ向かう。1.5時間で登山口に近い中山里へ。雨がシトシト降っている。登山者の姿も無い。どの道を登っていけば良いのかサッパリ解らずウロウロする。
d0007657_09133616.jpg
地元の人に聞いて、やっとコースが解る。(中山里からシャトルバスがあるらしいが、良く解らず歩くことに。(この門が登山口)。
d0007657_09180029.jpg
登山口周辺には、素敵なボルダーがゴロゴロ。
d0007657_09181517.jpg
左手の河原には、数えきれないボルダー群が。昨日の釜山ボルダーとはスケールが違う。
d0007657_09204950.jpg
登山道に沿って幾らでもボルダーが。(これは10m近いオベリスク)。★智異山、中山里登山コースのボルダー群は日本では考えられないスケールです。多分殆どトライされて無いんじゃ?フィンランドのフッカタイバル(初のV17を登った人)が韓国のボルダーに魅かれて通っているのもうなづけます。
d0007657_09433060.jpg
汗と雨に濡れ、2時間で中腹の法界寺着。寒い!
d0007657_09454940.jpg
やっと下山してくる韓国人に会う。「山頂はまだまだ遠いよ」と言われる。
d0007657_09481760.jpg
d0007657_09490197.jpg
山頂に近づくと、凍った残雪が。
d0007657_09500461.jpg
最後の鉄梯子。
d0007657_09510634.jpg
寒風と霧雨の山頂(1.915m)。長居は無用だ。標高差1.500mを3.5時間かかった。膝も大丈夫だったし、ちょっと自信が湧いた。下山は濡れた岩場で滑らぬように慎重に。3時間。
d0007657_09550606.jpg
登山口のキャンプ場の表示。ここでキャンプしてボルダー開拓ってのも面白い。
d0007657_09573857.jpg
ヘトヘトで釜山に戻る。チゲ鍋定食。美味い!
d0007657_10042892.jpg
最後の日。釜山街歩き。国際市場。朝なので未だ閑散としてる。
d0007657_10044974.jpg
「地球の歩き方」に紹介されてた「クンチブ」という店で昼食。
d0007657_10080687.jpg
d0007657_10080687.jpg
d0007657_10082583.jpg
d0007657_10082583.jpg
有名なチャガルチ市場。海産物の巨大なマーケット。これも日本では考えられない規模だ。
d0007657_10110693.jpg
釜山港の日本人観光客。韓国の山は北韓山、月出山、雪岳山とこれで4峰。登山口までのアプローチが苦労の8割を占める。山は日本人から見ると整備過剰と思えるほど安心して登れる。山陰の方は、やはり米子空港からソウルに飛ぶのが一番安上がりで時間の節約になる。 
帰国して韓国ボルダーを検索したら、釜山ボルダーの4級課題は「Horse Rock」の6A課題だった。エリアは、Guemgang park(金剛山公園)。それと土産に買った幾種類ものキムチ、日本では味わえない美味!

by kikunobu111 | 2018-04-07 09:22 | 店主のプライベート
石見冠山とボルダリング(単独行)
3/25(日)5時に起きて石見冠山を目指す。初めての山は途中のドライブも新鮮で楽しい。
d0007657_19063225.jpg
登山口。
d0007657_19073365.jpg
良く整備されたコースだが、所々、倒木が道を塞ぐ。
d0007657_19090267.jpg
沢沿いの道を詰めると峠。すぐ横に綺麗な渓流があり、キャンプに良さそう。
d0007657_19105624.jpg
結構な急登が続いて、山頂へ向かう尾根に出る。
d0007657_19122885.jpg
山頂は近い。
d0007657_19130298.jpg
最後のひと頑張りで登頂。1時間15分。早いぞ!
d0007657_19141157.jpg
西のピークの手前の岩の上で昼食。春霞?で視界はパッとしない。
d0007657_19160661.jpg
下山は固定ロープを利用させてもらう。急斜面の登下降はあるが、概して安全なコースです。登ってくる登山者とすれ違う。よく見たら当店のお客様だった。
d0007657_19192379.jpg
帰途、断魚渓に寄り道。昔、岩登りのルート開拓に来たことがある。改めて見ると、面白いルートが出来るんじゃないの?
d0007657_19215341.jpg
三瓶青少年交流センターに寄り、三瓶クライマーズクラブの皆さんとボルダリングを楽しむ。4級課題を作って帰る。(デルトイドの切り替えしから、スローパーへ)。

by kikunobu111 | 2018-03-25 19:06 | 店主のプライベート
独松山(広瀬)ハイキング
3/18(日)春うららの日曜日。
d0007657_11375098.jpg
せせらぎの音も耳に心地よい。
d0007657_11385089.jpg
「カワラタケ」?
d0007657_11394701.jpg
鶯の鳴いてるトレールをノンビリと山頂へ。
d0007657_11444315.jpg
中海と島根半島。
d0007657_11455479.jpg
大山も見える。
d0007657_11464898.jpg
土筆を採って帰る。

by kikunobu111 | 2018-03-22 11:47 | 店主のプライベート
北山公園(神戸)ボルダリング
3/11(日)
d0007657_15305370.jpg
自身の劣化(老化)をしみじみ自覚した1日でした。

by kikunobu111 | 2018-03-12 15:32 | 店主のプライベート
鎌倉寺山(広島県609m)・単独行
3/4(日)7時に松江を出て、登山開始が11:50.何という方向音痴か!
d0007657_19234715.jpg
おー!中々尖がってるじゃないか。
d0007657_19244324.jpg
20度C近い暑さ、急登の連続で汗が噴き出す
d0007657_19261956.jpg
正面に「白木山」。
d0007657_19273586.jpg
ピークを二つ越える。フィックスロープでの下降もあり、中々面白い。
d0007657_19292423.jpg
1時間45分、ノンストップで登頂。山頂は見晴らし悪い。
d0007657_19312000.jpg
「明星豚骨ラーメン」を賞味する。途中若者一人を追い抜いただけの静かな山行。下山は少し引き返した四つ角から。
d0007657_19334530.jpg
急降下です。気を付けないと迷いそうです。綺麗な清流を渡るとゴール近し。
d0007657_20012939.jpg

by kikunobu111 | 2018-03-04 19:36 | 店主のプライベート
矢筈城跡480m(仁万)単独行
2/25(日)9号線を西へ向かう。道迷いの末、仁万の「矢筈城跡」の登山口へ到着。
d0007657_18251696.jpg
地元の爺さんに、「気を付けて」と言われ山道に入る。花も実も無い冬枯れの登山道をボチボチ登る。迷う恐れは無いが急こう配だ。
d0007657_18300342.jpg
30分で「笹ケ峠」。尾根は恐ろしく急で、殆ど四つん這い登山になる。
d0007657_18315957.jpg
ピークを二つ越えて、山頂へ。1時間弱かかった。見晴らしは良くない。
d0007657_18335131.jpg
BLACKDIAMONDのピック付きストックは非常に有効です。(宣伝)。
d0007657_18351988.jpg
山頂から真西に下降。とんでもない急斜面です。フィックスロープがある。
d0007657_18364609.jpg
この辺の山は独特の山容だ。ひたすら尖がってる。
d0007657_18382397.jpg
「冠巌」。この山の名物でしょう。これは登らねば!
d0007657_18400381.jpg
岩頭から麓を見る。下降がちょっと怖い?
d0007657_18410659.jpg
下から仰ぐ「冠巌」。カッコ良いですね。この後も急降下が続く。無事下山。地元の爺さんの「気を付けて」が良く解った。難易度は烏ガ山レベルかな?帰途、仁万の竜巌山の岩壁を仰ぐ。
d0007657_18422108.jpg
40年位前に、M君と正面壁を初登攀した思い出の岩場。第2登も出ぬままにルートは朽ち果てたが、3ピッチのルートで当時の6級はあったな。故・吉田和正氏が「ロック・アンド・スノー」で触れてくれたけど。
d0007657_20434545.jpg

by kikunobu111 | 2018-02-25 18:48 | 店主のプライベート
桧ガ山登山
2/21(水)平田に近づくにつれ雨も小降りになる。2回目の「桧ガ山」登山。
d0007657_10161481.jpg
解りにくかった登山口にも立派な標識が。
d0007657_10165951.jpg
隣の「大船山」より明るく開けたコースです。
d0007657_10180142.jpg
物凄い急登が続いて余り見晴らしの良くない山頂へ。25分かかった。
d0007657_10195206.jpg
この山はルートファインデイングが難しい。(特に下り)。道迷いに気を付けて!近郊の山としては、急斜面が続くので、底が柔らかい軽登山靴では苦労するかも。(ガッチリした本格的な靴がお勧め)。
d0007657_10232990.jpg
「桧ガ山」の遠望。怪峰・ジャヌーを彷彿とさせる威容。ちとオ-バーか?

by kikunobu111 | 2018-02-21 10:25 | 店主のプライベート