カテゴリ:・松江市内( 28 )
松江北山newルート
皆様に身近な、松江北山に新しい縦走コースが出来ました。とりあえずヤブを切り開いただけのコースですので、切り株などで怪我をしないように。決して初心者向きではありません。(このコースでの事故に関して当方は一切責任を持ちません。)しっかりしたリーダーと一緒に楽しんでください。(Iーsaki夫妻、Iーoka、Nーmuraさん達との共同開発です。特にIーsaki氏の貢献大!雪不足で雪山が楽しめなかったおかげで、開発が進みました。)
松江北山newルート_d0007657_1341529.jpg
お奨めは、地図にブルーで示してある縦走コースです。加賀、別所の林道を御手洗滝の方に登り、舗装が切れる所に駐車してスタート。御手洗滝手前の踏み跡を辿り、上部右の沢を詰める。登山道も無くなり、赤、ピンクのテープを見失わない様に登る。杉林に入り、ヤブ漕ぎ暫くで松江北山縦走コースに出る。澄水山のレーダーから舗装道路となり、三坂山へ。北に向かい古いトイレの下からしっかりした踏み跡を辿る。先ず迷う事は無いでしょう。間違えそうになったら、慌てずテープを探しましょう。どんどん下って、一気に登ると、4等三角点のピークです。次のピークが高渋山(タカシビやま452m)です。
松江北山newルート_d0007657_13582135.jpg
ここからが迷いやすい所です。詰坂山に縦走する場合、そのまま北に向かうのはペケです。頂上から20mくらい戻り、北に向かう尾根を進みます。後はテープが導いてくれます。どんどん下り、小ピークを越えると次のコルから詰坂山(294.5m)まで登りです。頂上は見晴らしが良くありません。加賀の方へ下ります。最後は、佐波への道路(旧道)とトンネルのある新道の間の客神社付近に出て、ゴールです。登山口から主稜線まで、1時間弱。そこから三坂山まで40分位。山頂から高渋山まで1時間位。山頂から詰坂山まで1時間。ゴールまで30分。ゴールから登山口まで戻るのに、道路を1時間~1.5時間です。車が2台あれば、楽です。★トレールランニングにも最高のコースです。登山口から登山口まで一周に2~3時間台で走れるでしょう。(転んで切り株等で怪我の無いように。)★途中からのエスケープルートは幾らでも取れますが、急斜面が多いので慎重に。★ゴミは絶対捨てない。植物は採らない。
松江北山newルート_d0007657_1420503.jpg

by kikunobu111 | 2007-02-19 14:19 | ・松江市内
またまた高渋山
2/15(木) 今朝は詰坂トンネル、野波側出口から古道跡を登る。早足で息が切れそうになる頃、稜線に出る。Isaki氏の奮闘で、立派なトレールになっている。寒い。風が強く、鼻が千切れそうだ。登っていくうちに、呼吸は楽になってくるが、寒さは解消されない。もうちょっと厚着にすべきだった。しかし素晴らしいとしか言い様の無い稜線歩きだ。1時間少しで、山頂。寒くて、即Uターン。
またまた高渋山_d0007657_15471685.jpg
またまた高渋山_d0007657_15473260.jpg
野波の海は大荒れだった。
またまた高渋山_d0007657_1548199.jpg
またまた高渋山_d0007657_15562478.jpg
★面白いコースですよ。近いうちに詳しいコースガイド載せる予定です。
by kikunobu111 | 2007-02-15 15:49 | ・松江市内
何度目かの高渋山  野波から。
2/7(水) 6:30 N氏と待ち合わせて、野波、里熊林道途中に駐車してスタート。暫く林道を詰めると、浄水場跡とおぼしき施設あり。
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_13404484.jpg
道が狭くなり、堰堤を越えると、植林の杉林の直登となる。恐ろしい急登だが、高度は一気に稼げる。稜線に出ると、踏み跡あり。ナタ目を付けながら歩く。
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_13431295.jpg
1時間10分で山頂着。最短コースだ。お茶を沸かして、山頂の憩いを味わうと言う所だが、寒い。
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_1350193.jpg
下山は、詰坂山へ向かって、北方に向かうが、すごい急降下だ。いつか谷に降り、藪を避けながらの面倒な下りが続く。滑滝が現れ、中々の渓谷美だ。
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_13495127.jpg
道路に出たら、加賀だった。ガックリして、詰坂トンネルをテクテクあるいてスタート地点までが長い。
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_13514756.jpg
10:30頃ゴール。大遅刻だ!
何度目かの高渋山  野波から。_d0007657_1411191.jpg

by kikunobu111 | 2007-02-07 13:54 | ・松江市内
高渋山、途中まで。 単独
1/4(木) 早朝ヤブ漕ぎジョギング&道作りという忙しい登山を実行。左手GPS、右手に鎌、タイツにジョッギングシューズと言ったいでたちで、三坂山へのゲートをスタート。三坂山から北へ向かって稜線を走る。大山の日の出が美しい。
高渋山、途中まで。 単独_d0007657_11415846.jpg
最初の内、I崎氏の目印あり、歩き易い。最低鞍部からヤブが密になってくる。鎌を振るい、イバラを切り開き、時々ナタ目を残して進む。
高渋山、途中まで。 単独_d0007657_11451259.jpg
1.5時間で、435mの三角点。初売りの店開きが待っているので、今朝はここまで。往路を引き返す。
高渋山、途中まで。 単独_d0007657_11475128.jpg
ゴールに着いたら別の車が。I崎氏だ。今のコースを行くと。健闘を祈って分かれる。
高渋山、途中まで。 単独_d0007657_11495454.jpg
高渋山、途中まで。 単独_d0007657_11505975.jpg

by kikunobu111 | 2007-01-04 11:52 | ・松江市内
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing
12/27(水) 先回は、違った谷を詰めたので、今朝はO村氏に聞いたコースで攻める。N村氏が同行。途中まで舗装された農道だが、谷が狭まると、急に藪混じりの歩き難いコースとなる。
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing_d0007657_11461594.jpg
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing_d0007657_11462935.jpg
小さな滝を巻きながら、急斜面の尾根に出る。後は一気に山頂へ。1.5hかかった。
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing_d0007657_11482214.jpg
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing_d0007657_11484092.jpg
山頂から、北の稜線はヤブが煩そうだが、三坂山に連なる尾根は、踏み跡らしきものがあり、楽に行けそうだ。下りは往路を辿る。
2回目の高渋山 Mt Takasibi Bush Climbing_d0007657_12182082.jpg
★ヤブこぎも少し飽きて来たか?しかし、松江北山の埋もれた登山道発掘は、冬しか出来ない。
by kikunobu111 | 2006-12-27 12:16 | ・松江市内
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo
12/20(水) 午前7:15加賀、別所集落出発。工事中の砂防ダムを越えて、沢を詰めて行く。
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_1182726.jpg
素敵な滝があり、良い感じ!
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_11133164.jpg
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_11134770.jpg
途中で左の沢に入る。踏み跡が消える。杉の植林の急斜面をひたすら直登。
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_11123086.jpg
稜線は結構、上り下りがあるが、ヤブが少ないので、歩き易い。
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_1115968.jpg
しかし山頂が近づくにつれ、やぶこぎの楽しみが増えてくる。まー、雪山のラッセルよりはましだ。
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_1117250.jpg
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_11172071.jpg
2時間かかって、三角点到着。(大山登山より時間がかかった。)見晴らしは悪い。持参の鎌で北側のブッシュを切り払う。少し海が見えてきた。(菊信の手打ち鎌はそこらへんの大量生産品とは、切れ味がちがいます。)下りは、頂上から直下降。転げ落ちそうな急斜面で少しやばい。かなり沢沿いに下ったら、登りの時の、分岐に着く。1時間の下りだった。(この山は、松江北山縦走コースから外れて、不遇をかこっているが、標高450mもある立派な山だ。高校生の頃、登って以来の懐かしい登山でした。
高渋山登頂 単独 Mt Takasibi Solo_d0007657_11411072.jpg
登頂コースは左、下山コースは右。島根登山界の大先輩、O村氏に教えて頂いたコースとは、尾根一つ、間違ってました。木が多く、衛星の電波が受信し難く、軌跡が途切れ途切れです。
by kikunobu111 | 2006-12-20 11:25 | ・松江市内
GPSを使って山ジョグ。Trail Running using Handy GPS
12/14(木) 夏の間、ホコリを被ってたハンデイGPSを取り出し、雪山シーズンに備えて、忘れかけてた使用法を思い出そうと、ジョギングに使ってみた。片手にGPSを持って走るのは、ちょっと面倒だし、データを読み取る為に10分置き位に止まらねばならない。しかしその性能は改めて感心させられる。次のポイントまで矢印で示してくれるし、後、何メートルか正確に出る。走っている速度、現在の海抜高度、今のペースでの次のポイント到着時間まで予測してくれる。すご過ぎる!今朝は、野波の海岸スタートで、枕木山頂経由、千酌~ゴールと、20km位走った。GPSには、走った軌跡がしっかり記録された。(広告記事です。)
GPSを使って山ジョグ。Trail Running using Handy GPS_d0007657_1349619.jpg

by kikunobu111 | 2006-12-14 13:21 | ・松江市内
藪コギ・ジョグ Bush Running
12/6(水) 早朝山ジョグに藪コギを加えた、珍スポーツに挑戦!島根半島、加賀の町民体育館スタート。北山に向かって別所集落を横目に走る。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_1449023.jpg
(スタート地点、午前7時は未だ薄暗い。)
 林道を駆け登ると、御手洗滝まで細い山道となる。滝は20mはありそうな立派なものだ。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_14522426.jpg
(落ち口より下を写す。夏は、沢登りの練習に良さそう。)
 すこし登ると社があり、その先から、細い沢沿いの踏み跡となり、すぐにそれも消えて、藪コギ作戦開始だ。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_14563180.jpg
噂どうり、誰かが木にテープの目印を付けてくれてるので、助かる。途中、杉の植林地を通り抜け、真新しい測量のテープに沿って行く。最後が急斜面の藪となり、枯れ木をバリバリ折りながら登ると、ひょっこり北山縦走路(澄水山~滝空山の中間地点)に飛び出した。1時間10分のランニングだった。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_153041.jpg
(縦走路より、北に高渋山を見る。立派な山だ。昔登った覚えがあるが。今度はこれだな。)帰路は元来たコースを駆け下る。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_1551535.jpg
(林道上部に岩がある。着地も良いし、ボルダリングに良さそう。しかし岩がちょっと風化してる。結局、午前9時ゴール。
藪コギ・ジョグ Bush Running_d0007657_1593528.jpg
(距離11.3km。累積高度差490m)
by kikunobu111 | 2006-12-06 15:11 | ・松江市内