またまた高渋山
2/15(木) 今朝は詰坂トンネル、野波側出口から古道跡を登る。早足で息が切れそうになる頃、稜線に出る。Isaki氏の奮闘で、立派なトレールになっている。寒い。風が強く、鼻が千切れそうだ。登っていくうちに、呼吸は楽になってくるが、寒さは解消されない。もうちょっと厚着にすべきだった。しかし素晴らしいとしか言い様の無い稜線歩きだ。1時間少しで、山頂。寒くて、即Uターン。
d0007657_15471685.jpg
d0007657_15473260.jpg
野波の海は大荒れだった。
d0007657_1548199.jpg
d0007657_15562478.jpg
★面白いコースですよ。近いうちに詳しいコースガイド載せる予定です。
by kikunobu111 | 2007-02-15 15:49 | ・松江市内
<< 菊信じじいの登山小史 8 菊信ジジイの登山小史 7 >>