越後駒ヶ岳、巻機山登山ツアー
8/2(木)午前4時、松江を後にする。13時間近いバスの旅で新潟、福島県境の銀山平到着。
d0007657_8433968.jpg
宿泊した「伝の助小屋」。
d0007657_8454956.jpg
宿の壁には、巨大岩魚(50cm以上)の魚拓が誇らしげに飾ってある。奥只見ダム(阿賀野川水系)のダム湖で育った岩魚は栄養豊富なせいか、巨大化するらしい。
d0007657_1458263.jpg
地元で採れた山菜料理と美味い地酒で長旅の疲れを癒し、露天風呂へ。(アブの襲撃には参ったが)。山奥とは言え暑いが、夜は冷えてくる。
8/3(金)午前4時出発。宿のバスで枝折峠まで送ってもらう。(20分)。
d0007657_91438.jpg
全員ヘッドランプを点けて明神峠へ向かう。4:25出発。
d0007657_915267.jpg
銀山平名物の滝雲。雲が稜線から流れ落ちる様は圧巻でした。
d0007657_92217.jpg
朝の涼しい内に距離を稼ぐ。
d0007657_92969.jpg
緩やかなアップダウンの続く長大な尾根道。(これがネックとなるのか、夏山最盛期と言うのに、登山者数は非常に少ない)。
d0007657_922295.jpg
小倉山、6:50
d0007657_92312.jpg
眼前に立ちはだかる前駒の斜面。
d0007657_924375.jpg
百草の池を振り返る。
d0007657_925328.jpg
荒沢岳(1968.7m)を背後に、苦しい前駒の急登。
d0007657_932277.jpg
中央が越後三山の中の岳(2085.2m)
d0007657_935223.jpg
駒の小屋直下の岩場は慎重に。
d0007657_94628.jpg
8:40小屋着。雪解けの冷水が豊富に湧き出し、渇きを癒してくれる。
d0007657_941677.jpg
遠く尾瀬、燧岳の特徴のある姿。
d0007657_94382.jpg
越後三山の八海山(1853m)地酒の銘柄で有名だが。
d0007657_9565469.jpg
ハクサンコザクラ
d0007657_957783.jpg
主稜線に達して、なだらかな尾根を山頂へ。
d0007657_9572396.jpg
2002.7mの越後駒ヶ岳山頂。9:20到着。約5時間の登山。
d0007657_9574647.jpg
記念写真。
d0007657_9575856.jpg
360度の景色を堪能して、9:55下山開始。下に見える駒ノ小屋で昼食。
d0007657_9581234.jpg
小屋下部の岩場は鎖も無く、足場を確かめながら。
d0007657_9582122.jpg
本日の難関はその後の長い下山路だった。気温33度。快晴無風、低灌木で日影の無いアップダウンが延々と続き水筒の水もガンガン消費。枝折峠では、迎えのバスを待つ間、皆グッタリ。駐車場に居た単独旅行者が冷えた西瓜を分けて呉れて元気回復。
d0007657_18321290.jpg

8/4(土)午前2時半起床。3時のバスで巻機山登山口へ。今日も星空で快晴。4:30登山開始。コースは昨日と違って、樹林帯の尾根をグイグイ高度を稼ぐ。
d0007657_1640949.jpg
d0007657_16402160.jpg
6合目付近、天狗岩と右のヌクビ沢。奥が割引山。
d0007657_16403523.jpg
7合目付近。笹の生えた偽巻機山の急登が待っている。
d0007657_16404823.jpg
偽巻機の稜線に出ると、目の前に優美な山頂が見えてきた。スキー登山に最適な山と見た。来シーズン訪れてみたい。
d0007657_1641090.jpg
朝の澄み切った大気の中を一歩一歩山頂に近づく。
d0007657_1641105.jpg
チングルマが揺れる稜線。
d0007657_16412234.jpg
池塘が点在する道。
d0007657_16413477.jpg
d0007657_16414739.jpg
d0007657_16415942.jpg
8:20登頂。
d0007657_16421516.jpg
d0007657_16422758.jpg
d0007657_16424733.jpg
昨日登った越後駒が中央に見える。
d0007657_16425894.jpg
山伏グループが到着し、加持祈祷とほら貝の音が青空に吸い込まれる。
d0007657_16431212.jpg
下山は炎天下となるが、今日は風があるだけまし。
d0007657_16432418.jpg
12時前下山。冷えた缶ビールを一気に。
d0007657_17102489.jpg
二日目の宿、清水の「おのづか」で2峰登山成功の祝杯。(どちらも日本100名山)。越後の清酒「八海山」は美味い!
d0007657_18345174.jpg
d0007657_17103691.jpg
丁度年に一度の火祭りの行事に遭遇、宿の近所の神社へ見物に行く。
d0007657_171048100.jpg
山頂で会った山伏達もいて、興味深い山岳宗教の秘儀を見られた。
d0007657_17105842.jpg
いよいよ火渡りの儀。
d0007657_17111057.jpg
酔った我々の仲間数人が火渡りに挑戦。1年間は無病息災でしょう。
8/5(日)帰りは12時間だった。
d0007657_1824436.jpg
夕暮れの宍道湖。これも美しい!皆さまお疲れ様!
by kikunobu111 | 2012-08-06 08:46
<< 岩登り教室 水彩 玉湯・石切り場 >>