猿政山(1.267m)登山ツアー
2/20(日)山陰の怪峰「猿政山」に8人の青年?が挑みました。可部屋集成館上の駐車スペースを8:45出発。
d0007657_19454097.jpg
晴れた空に威圧的な山容が迫ってきます。
d0007657_19455345.jpg
低温の為、雪はクラストしていて歩き易い。どうやら予定してた登山口より一つ上の尾根に取り付いたようです。厳冬期の猿政山はこれが4回目なのに、やはりボケが進んでいるのか?参加の皆さんに難しいルートを取らせてしまい申し訳ありませんでした。
d0007657_19512378.jpg
物凄い急登が続きます。予定のコースは深い谷を隔てた右手に伸びている。
d0007657_19513852.jpg
我々の取ったラインは夏の一般コースの北側に切れ落ちるヤバそうな岩稜に繋がっている。
d0007657_19515119.jpg
行ける所まで行こうと急斜面の弱点を探しながらジグザグ登行。
d0007657_19573027.jpg
最後の100mほどは大山北壁の弥山尾根レベルです。幸い雪が締まっているので、何とかなる。
d0007657_19574667.jpg
頂上稜線に飛び出した。誰一人登った形跡の無い雪尾根を頂上へ。
d0007657_1958217.jpg
d0007657_2010543.jpg
遠く薄っすらと大山が見える。
d0007657_20102265.jpg
4時間45分掛かったが全員登頂。
d0007657_20131991.jpg
問題の100mの下降は慎重にバックステップで。
d0007657_20133676.jpg
次第に雪が腐って来て、スノーシューを付けたり外したり忙しい。
d0007657_20134839.jpg
下りに3時間。中々の手ごたえある登山でした。
d0007657_20262293.jpg
赤が登山コース。青線は夏の一般コース。
d0007657_16202053.jpg
北西稜を登るつもりが北稜を登ってしまった。990mピークまでは植林の尾根。上部の岩稜は北側の雪壁を巻くように登った。雪が締まっていて快適だったが、不安定な時は雪崩る恐れが充分ある。(一番安全な北西稜の登山口は、北稜取り付きより少し下に送水管が頭上に横切っている辺りからです)。
by kikunobu111 | 2011-02-20 19:50 | イベントレポート
<< 北山公園ボルダー black diamond  ... >>