槍ヶ岳東鎌尾根~西鎌尾根~中崎尾根縦走
8/19(木)早朝の中房温泉、
d0007657_8452730.jpg
しじみの味噌汁で元気をつけて出発。
d0007657_8455321.jpg
合戦小屋まで急登が続く。
d0007657_8464677.jpg
小屋を過ぎると稜線に燕山荘が見えてくる。(5時間)小屋の食堂でカレライスを食って、大天井ヒュッテを目指す。
d0007657_8501045.jpg
d0007657_8521397.jpg
大天井岳分岐からヒュッテまでのトラバースは中々甘くない。
d0007657_852313.jpg
d0007657_856204.jpg
d0007657_8563745.jpg
ヒュッテの赤い屋根が見え出してからも大変です。転げ落ちそうな急斜面を慎重に下る。
d0007657_8565216.jpg

8/20(金)大快晴の朝、槍ヶ岳に向かって縦走開始。
d0007657_924322.jpg
水俣乗越付近。東鎌尾根の名に相応しいヤセ尾根が続く。ただ整備が行き届いてるので、天気が良ければ大丈夫!
d0007657_925791.jpg
d0007657_931236.jpg
d0007657_932838.jpg
5時間余りで今日の宿泊地、ヒュッテ大槍に到着。まだ昼前だが、夏の北アの稜線では午後の雷が怖いので早出、早着が原則。
d0007657_9122282.jpg
この小屋の夕食はワイン、生野菜のサラダなど付いて、ちょっとしたレストラン並みです。
d0007657_9124628.jpg

8/21(土)連日の快晴で言う事無しです。右の鋸刃状は前穂北尾根。
d0007657_9171517.jpg
下に見える屋根は殺生小屋。
d0007657_9173319.jpg
遠くに常念岳。
d0007657_9175039.jpg
d0007657_918778.jpg
登頂前に肩で記念写真。
d0007657_9245087.jpg
Sさん登頂の瞬間。登山者も少なく、山頂で30分余り過ごす。
d0007657_925650.jpg
下山。慎重に一歩一歩。
d0007657_9252244.jpg
肩にて。鷲羽、水晶の峰峰。
d0007657_9253774.jpg
下山コースは飛騨沢の予定だったが、時間もあるので、西鎌尾根に変更。東鎌と違って歩き良い道を千丈沢乗越
へ。そこから中崎尾根へ向かう。中央の緑の稜線が中崎尾根。
d0007657_1714054.jpg
d0007657_1715819.jpg
高山植物の群落の中を草を掻き分け進む。
d0007657_1721311.jpg
d0007657_1722987.jpg
厳しい下山を終えて槍平に到着。おじさん達が臭くなった体を清めています。蒲田川の水質汚濁に貢献!
d0007657_17111268.jpg
そして槍平小屋での大宴会。
d0007657_17112742.jpg
8/22(日)下山の日。これから新穂高への道は俺の青春~中年のメモリアルです。夏も冬も挑戦した北穂高滝谷周辺の岩壁。
d0007657_17114367.jpg
白出沢出合からの林道歩きで長い山行も終わります。
d0007657_17115828.jpg
d0007657_1812521.jpg
人格破綻気味の主催者にご協力頂いた参加者の皆様、有難うございました。
by kikunobu111 | 2010-08-23 08:50 | イベントレポート
<< 水彩 比津 水彩 忌部高原 >>