<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
谷川連峰・馬蹄型縦走(単独)
9/27(日)松江からの交通機関の関係で、ロープウエイ駅をスタートしたのが昼過ぎ。
d0007657_8283476.jpg
土合橋から登り始めるが、間違えて右手の東黒沢に入ってしまう。
d0007657_8401562.jpg
大きなナメ滝に出て間違いに気づく。これで1時間余り無駄にした。午後2時再出発。
d0007657_8432291.jpg
白毛門山の登りは大山の7~8合目の斜度が、標高差1.200m延々と続く。(毛勝山よりは楽だが)。
d0007657_8474525.jpg
幕営具、食料、水3Lなどで約12kgの荷。
d0007657_8502465.jpg
対岸の一ノ倉沢は衝立スラブから上が雲に隠れている。
d0007657_852941.jpg
松の木沢の頭。視界が開けてくる。
d0007657_8543848.jpg
紅葉の尾根。自分の影が次第に長くなってゆく。
d0007657_8574510.jpg
午後5時、白毛門山。標準タイムより30分早い。
d0007657_859588.jpg
人気の無い道を夕陽と競争で笠ガ岳を目指す。
d0007657_208327.jpg
午後6時、笠ガ岳。ヘッドランプを点けるが、月光に照らされて視界は良い。
d0007657_209677.jpg
小屋はすぐ見つかった。畳3畳敷き位のカマボコ型避難小屋。
d0007657_951953.jpg
誰もいないので、真ん中でユッタリと食事の準備。スルメをあぶってバーボンをチビチビやる。熊が心配で内から戸をロックする。
9/28(月)4時起床。4:30出発。霧が立ち込めて、ライトを照らしても足下が良く見えない。
d0007657_9124067.jpg
5時過ぎ明るくなる。朝日岳が遠い。幾つピークを越えても又次が現れる。
d0007657_9151682.jpg
紅葉の美しさが疲れを忘れさせてくれる。
d0007657_9162676.jpg
d0007657_9172393.jpg
6時、朝日岳。少々疲れ気味。谷川岳は気が遠くなるほど彼方だ。
d0007657_9253944.jpg
山頂付近は高原状で素晴らしい景色だ。
d0007657_928113.jpg
d0007657_929781.jpg
巻機山に延びる尾根。山スキーコースらしいが、これも長そうだ。
d0007657_9322385.jpg
清水峠の小屋は良く見えるのだが、中々近づかない。この下りでバテ気味。ちょっと弱気になってエスケープルートの事とか、ビバークの事を思案しだす。8:10峠。
d0007657_9365567.jpg
七つ小屋山の登りでハタと気が付いた。普段のトレランの癖か、ペースが速くなりがちなのだ。ローギヤに入れ替えて歩き出したらグッと楽になった。正面に大源太山(上州のマッターホルン)。
d0007657_942531.jpg
調子が戻ってホッとする。この辺り水平な尾根が続く。馬蹄型のカーブを廻り切った所。すれちがう登山者は1~2時間に一人。静かな山行が味わえる。
d0007657_9451466.jpg
蓬峠小屋に10:00着。小屋番が留守でビールを買い損ねた。谷川岳は雲に隠れてる。
d0007657_9494698.jpg
気合を入れて武能岳を登る。武能岳を下ったコルでコーヒーを沸かす。下手すればこの辺りでビバークかと思ったが今は元気一杯!
d0007657_9533458.jpg
最後の急登。堅炭尾根が見える。串田孫一の本に出てたな。
d0007657_1345836.jpg
ノンストップで茂倉岳を登りきる。午後1時半。ガスで視界悪し。
d0007657_13114872.jpg
一ノ倉岳の避難小屋に午後2時。
d0007657_13182319.jpg
一の倉沢の上部を覗く。若い頃、この嫌らしい草付きを登攀した事もあった。
d0007657_13214725.jpg
オキの耳(谷川岳山頂)に着く。
d0007657_1323652.jpg
午後3時半、11時間の歩きで肩ノ小屋着。急げば5時の最終ケーブルに間に合うが、缶ビールの誘惑に負けて泊まる事に決定。風も強くなり台風並み。大雪山で風雪になった影響か?
9/29(火)6:20強風の中、下山開始。
d0007657_13381973.jpg
途中まで下ったら風も止んだ。
d0007657_1339122.jpg
d0007657_13393710.jpg
山頂を振り返る。
★一昨年、谷川岳~平標山の縦走をしたので、一応谷川全山が終わった。一つの山隗を色んな登り方をするのは面白い。次は沢を攻めたいが、如何せん松江からは遠い。
by kikunobu111 | 2015-09-30 08:29 | 店主のプライベート
大平山
9/22(火)早朝散歩登山、松江北山・大平山へ。
d0007657_13594083.jpg
名前の解らぬキノコがニョキニョキ生えてる。
d0007657_1402211.jpg
朝の稜線は涼しい。
d0007657_1405576.jpg
ヒイロチャワンタケ?
d0007657_14162480.jpg
山頂から松江、宍道湖方面。
d0007657_1417273.jpg
大芦、日本海方面。
d0007657_14181322.jpg
好天が続く連休。皆楽しんでることでしょう。
d0007657_1421549.jpg
林道を大芦に抜ける。
by kikunobu111 | 2015-09-22 14:21 | 店主のプライベート
連休中の営業
9/21(月)連休中も平常通り営業しています。但し営業時間は午前10:00~午後6時までです。よろしくお願いします。
by kikunobu111 | 2015-09-21 09:42 | ショップのご案内
半島クライミング
9/20(日)
d0007657_16583347.jpg
岩場へは懸垂下降で。一か月前とは大違いに涼しくなった。
d0007657_1702217.jpg
先ず5.10bのクラックを登って、
d0007657_171889.jpg
d0007657_1712023.jpg
次いで初めて触るオープンブック「コーナークラック」(5.10c)。出だしは100度位の傾斜。上部は垂直になる。ステミングは手が張らなくて良い。TRではあるがOS。面白かった。
d0007657_1725836.jpg
海は結構波が高い。午後は松江に帰ってクライミングジムで遊ぶ。疲れました。
by kikunobu111 | 2015-09-20 17:04 | 店主のプライベート
水彩 荒島
9/19(土)
d0007657_20263175.jpg

by kikunobu111 | 2015-09-19 20:27 | ・菊信ギャラリー
秋、冬物の紹介
9/16(水)秋冬新入荷ウエアの一部を紹介します。
①上、ファイントラック(日)ドラウトクロー・ジプネック ¥13.300.+TAX、 秋冬の中厚ミッドレイヤーです。保温性と汗抜けに優れています。(320g)
 下、アークテリックス(カナダ)ガンマSLハイブリッドパンツ ¥20.000.+TAX、 軽量ソフトシエルパンツ、秋の登山に最適のソフトシエルパンツです。撥水性に優れている。(320g)
d0007657_10592852.jpg
d0007657_10595638.jpg

ファイントラック(日)ソラノパンツ ¥16.300.+TAX。晩秋~春の雪山に、耐風撥水、超ストレッチ。(455g)
d0007657_1112334.jpg

アークテリックス(カナダ)プロクライン・FLパンツ ¥35.000. 冒険的なバックカントリースキーヤー、ボーダーにピッタリのソフトシエルパンツ。(660g)
d0007657_1164299.jpg

アークテリックス、アルファSVジャケット¥86.000.+TAX、 世界最高のハードシエルです。ハードな冬山登山を目指す方にお勧め!(545g)
d0007657_1224302.jpg
d0007657_12244454.jpg

アークテリックス、ガンマMXジャケット。¥32.000.+TAX。山だけでなく日常着にしてもカッコ良いソフトシエルジャケット。(575g)
d0007657_12394720.jpg

⑥上、アークテリックス、セリウムLTフーデイ ¥45.000.+TAX。究極のインナーダウンフーデイ。DWR加工で撥水性も抜群。
下、ノースフェース(USA)アルパインパンツ。¥25.000.+TAX。雪山登山用ソフトシエルパンツ。ゲイター付き。私も愛用しています。
d0007657_12284535.jpg

アークテリックス、ベータARジャケット。 ¥64.000.+TAX。国内の冬山で充分使える軽量ゴアテックスシエル。(460g)
d0007657_1334895.jpg

ファイントラック エヴァーブレス・アルマジャケットW’s ¥36.500.冬山用ストレッチシエルジャケット。リーズナブルな価格、そして超軽量。(510g)
d0007657_1341721.jpg

★以上、入荷品の極一部のご紹介です。他にも続々入荷中。ブラックダイアモンドのアパレル(USA)、モンチュラ(イタリー)、マムート(スイス)等など。10月に入ると、最新型のペッツル・ピッケル、他のギア類。山スキー関係が入荷します。ご期待下さい。
by kikunobu111 | 2015-09-16 10:59 | 商品情報
三郡山ボッカ
9/15(火)早朝の大仁農道を飛ばして上久野桃源郷へ。20kg担いで大聖コースを登る。
d0007657_1312764.jpg
中々変化に飛んだ良いコースです。
d0007657_133149.jpg
d0007657_1331440.jpg
d0007657_1332650.jpg
松林と雑木の混じった道の両脇には色々なキノコが生えている。緩やかに高度を上げていく道。そして最後に急登が待っている。
d0007657_1527968.jpg
d0007657_8592789.jpg
1時間10分で登頂。爽やかな秋風だ。空気も澄んで周囲の馴染みの山々が良く見える。
d0007657_15575817.jpg
d0007657_161350.jpg
猪のヌタ場。足跡も沢山あった。下山は40分。
by kikunobu111 | 2015-09-15 15:59 | 店主のプライベート
出雲北山トレラン
9/11(金)長雨で抑えてた行動を開始。
d0007657_1349194.jpg
出雲・北山の伊怒谷峠への林道にPしてスタート。国道を旅伏山登山口までスロージョグ。43分。これが思ったより長くて、先が思いやられる。
d0007657_13514851.jpg
静かな山道を早足歩き。山賊も爺が相手じゃ面白く無いだろう。
d0007657_13541425.jpg
雨の後でいろんなキノコが見られる。これは「ドクツルダケ」か「コタマゴテングダケ」?避けた方が良いキノコだ。
d0007657_1357994.jpg
1時間10分で旅伏山。休まずに西へ稜線を急ぐ。
d0007657_13584198.jpg
立派な「カラカサタケ」これは美味い筈だが、スルー。
d0007657_13593676.jpg
以前の台風のせいか、倒木が積み重なってる。
d0007657_140249.jpg
良さげなボルダーだが、苔むしてるし、ここまでわざわざ来るか?
d0007657_1413043.jpg
伊怒谷峠から下山。
d0007657_142322.jpg
昨日までの雨で、下山道は川のようになってる所が多い。とても走れない。2時間15分でゴール。
by kikunobu111 | 2015-09-11 14:14 | 店主のプライベート
玉子茸
9/8(火)
d0007657_9323949.jpg
林道をジョグッてたら、目に飛び込んできたルビーの輝き!勿論ゲット。昼飯のおかずに最高の食材。楽しみです。
by kikunobu111 | 2015-09-08 09:35 | ・菊信ギャラリー
水彩 沖泊
9/5(土)
d0007657_1014562.jpg
外は肌寒さを感じるようになってきた。
by kikunobu111 | 2015-09-05 10:14 | ・菊信ギャラリー