<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
片江ボルダー
3/29(土)早朝ボルダーに島根半島、片江港へ。滅多に無いような引き潮で、堤防先のボルダーが登れた。(普通は取り付きが海水に洗われている)。それでもマットを濡らさずに敷けるように、周りの石を運んで土木作業。極小ホールドで立ち込み、デッドでリップを取る一手物課題。(4級?)。-右側のカンテは使わない!
d0007657_1164083.jpg
その先にある古い課題。①3級。②5級。③6級。④4級。⑤5級。⑥SD4級。p、トライ中。sd難しい。
d0007657_1164712.jpg
のどかな春の海。
d0007657_1165573.jpg
★初~中級者向け課題がメインのエリアです。
by kikunobu111 | 2014-03-29 11:07 | 店主のプライベート
荒島岳スキー登山と瓢ボルダー(単独)
3/24(日)米子を過ぎて暫くして、スノーシューを忘れたことに気づき引き返す。最初からこれじゃ、先が思いやられる。福井ICから大野市経由で登山口へ。夕暮れの空に浮かぶ荒島岳、剣岳を小ぶりにした風で格好の良い山だ。
d0007657_19134819.jpg
勝原コースの登山口でキャンプ。人っ子一人いない。酒をチビチビ。
d0007657_19135675.jpg

3/25(月)早起きして、午前5時、ヘッドランプで足下を照らしながらスキー場跡の斜面を登る。次第に周囲が明るくなって行くこの時間帯は素晴らしい。リフトの残骸があるゲレンデトップから雪道になる。
d0007657_19143994.jpg
カリカリに凍った雪道をキックステップで登るが、テレマークブーツはつま先が曲がるので、キックがやり難い。(結局スノーシューは無用の長物だった)。
d0007657_19144654.jpg
「トトロの木」という看板があった。?この上でアイゼンを付ける。
d0007657_19145483.jpg
シャクナゲ平の下を巻いてコルへ。もちが壁の下にスキーをデポする。荷が軽くなりスピードアップ。
d0007657_191508.jpg
一人の登山者にも遇わない。静かな雪稜を辿る。背後は小荒島岳。
d0007657_191581.jpg
朝日が当たって銀色に輝く頂稜。
d0007657_19151613.jpg
山頂へのトレースを振り返る。遠くに白山の連峰。
d0007657_19152382.jpg
3時間50分で登頂。積雪期としては速い?360度の展望を独り占めだ。初めて登る山だが、好天に恵まれた。
d0007657_19153217.jpg
凍った社。暖かいココアでアンパンを喰って下山開始。
d0007657_19154110.jpg
スキーデポから滑降開始。雪も程よく軟らかくなり滑り易い。コルから谷へ滑り込む。下部の様子が解らないので、途中から斜滑降で、登ってきた尾根に合流する。中腹から藪が煩くなりスキーを担ぐ。2時間半で下山。下山中、3人の登山者とすれ違う。皆単独行だ。
d0007657_19155288.jpg
国道158号を郡上八幡へ。途中九頭竜ダムを見る。
d0007657_191605.jpg
d0007657_19164323.jpg
時間があるので、九頭竜湖と荒島岳を水彩。
3/26(火)今日は次の目標、瓢ガ岳でボルダリング。美濃市から長良川源流の山腹に広がる日本有数のボルダリングエリアだ。持参した「日本100岩場」トポが実に解り難い。相当ウロチョロして、やっと上流山エリアに辿りつく。
d0007657_19173052.jpg
3~6級課題に挑戦。この辺のグレードだとオンサイトもし易い。しかし被った課題が多いので、マット一枚では怖い。一度突き出た岩の上に尻から落ちて悶絶!
d0007657_19174160.jpg
やはり面白そうな課題はスポッターとマット数枚が要る。
d0007657_19175232.jpg
下の洞窟の天井裏から登るのが、「メインガ・エクステンション」4段+。国内最難レベルの課題の一つ。手がかりを触ってみたが、とても持てるような代物じゃない。上の方で落ちたら相当ヤバイ?
d0007657_19181196.jpg
平日にもかかわらず、トライしている若者もいる。
d0007657_19181886.jpg
ハッバマシンガンの岩。右の4級が面白かった。
d0007657_19183158.jpg
そして今夜も一人キャンプ。空き腹に酒が浸み込む。
d0007657_19184048.jpg
焼きソーセージと滅茶苦茶な鍋料理。
d0007657_1919532.jpg
荒島岳スキー登山は2月中がベストか?それと滑降コースの下調べ不足。
d0007657_19192670.jpg

by kikunobu111 | 2014-03-26 19:20 | 店主のプライベート
水彩 斐川
3/19(水)
d0007657_92828.jpg
春、春、春!
by kikunobu111 | 2014-03-19 09:28 | ・菊信ギャラリー
雪上訓練・参加募集
4月6日(日)大山、元谷周辺にて、雪上訓練登山を行います。
午前7時、乃木運動公園、大駐車場出発。(車相乗り)。
元谷周辺の急斜面を選んで、滑落停止、アイゼン歩行、ロープワークの基本、等を練習します。
参加費;¥3.000.(交通費・別途)
用意するもの;一般的な冬山服装、装備。(濡れ難いジャケット、パンツ)、ピッケル、アイゼン、(持っていれば)ハーネス、スリング、等。
帰宅予定;午後3時頃。
d0007657_18425456.jpg

3月の雪山キャンプは主催者の都合により、中止します。申し訳ありません。

by kikunobu111 | 2014-03-17 18:43 | イベント情報
水彩 手結港
3/17(月)
d0007657_1847798.jpg
この冬初めて、車の外で描く。
by kikunobu111 | 2014-03-17 09:02 | ・菊信ギャラリー
新入荷品の紹介
3/15(土)春物が続々入荷中です。今日は、クライミング用品を中心にご紹介します。①「ビレイヤー・ゴーグル」¥9.500.(税抜き)。常に上を見上げるビレイヤーの首の痛み解消、必見!★仰向けに寝て本を読むときにも便利。逆さに掛ける。
d0007657_1195997.jpg
「ソリューションW‘s(スポルテイバ)」¥18.000.(税抜き)。新入荷。踵を細身にして女性の足にFIT。
d0007657_11101227.jpg
ボルダーマット。ASANA、DAX、ベアールあります。
d0007657_11102513.jpg
チョークバッグ、山ほど入荷してます。(店頭に出しきれない)。
d0007657_11103729.jpg
アークテリックス・ハーネス「S220LT」¥13.200.(税抜き)。超軽量スポーツクライム向き、付けてることを忘れる。それで墜落の衝撃にはとても優しい。「R260LT」女性用。¥14.800.(税抜き)。
d0007657_1140919.jpg

by kikunobu111 | 2014-03-15 11:25 | 商品情報
早朝雪山登山「兜山844.1m」単独 雲南市
3/11(火)Hクラブの人達から聞いていた掛合奥の兜山に登った。4:45出発。高速で掛合ICまで。6時前には、周囲の山のシルエットがはっきりしてくる。気温-8度C。吉田村から民谷に出て、聞いていた神社から6:30スタート。
d0007657_1155210.jpg
初めての山だし、雪の為ルートは不明。藪尾根を適当に直登。550m付近で廃車を発見。島根半島の詰坂山にもあったが、どうやって運んだんだろう?謎です。
d0007657_12223369.jpg
急斜面の猛烈な藪コギが続く。先月の鯛の巣山以上です。
d0007657_11451036.jpg
スノーシューも使えない。750mのピークに立つと、コルまで60m程の下降。その先に頂上へ続く稜線が見える。見えているのは北方の無名峰。
d0007657_12283661.jpg
コルから50度近い急斜面ラッセルで、やっと主稜線へ。
d0007657_11452450.jpg
ここで初めてスノーシューを履く。
d0007657_11453130.jpg
ブナの林を辿って、2時間で登頂。三瓶山を遠望。
d0007657_11453927.jpg
沖ノ郷山。
d0007657_11454734.jpg
大万木山。
d0007657_11455873.jpg
下山は山頂から東の谷へ。45度はある。転がり落ちる雪玉を追うように高度を下げる。途中、滝が出てきて、右の尾根に逃げる。下りも結構大変だった。45分で下山。
d0007657_1146963.jpg
d0007657_11461560.jpg
10:30帰宅。少し遅刻。
d0007657_1331287.jpg
地味な山ですが、頂上の360度の見晴は素晴らしい。朝の運動には良いかな?
by kikunobu111 | 2014-03-11 11:46 | 店主のプライベート
水彩 片句
3/6(水)春遠しと言った感じの朝。
d0007657_8494360.jpg

by kikunobu111 | 2014-03-06 08:50 | ・菊信ギャラリー
ショートトレラン 経塚山縦走
3/4(火)早朝,水溜りにも薄氷が。何の変哲もない経塚山を通り過ぎて、西へ向かう。以前に比べて、格段にトレースがしっかりして来ている。
d0007657_14352964.jpg
藪の合間に日本海が見え隠れする。
d0007657_1974829.jpg
六坊手前のコルへは、急な斜面の下降。
d0007657_14355231.jpg

by kikunobu111 | 2014-03-04 14:36 | 店主のプライベート