<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
朝日の当たる岩場
8/29(木)岩場初デビューの二人を案内して半島へ。
d0007657_9551656.jpg
TRでトライして貰うが、果敢に攻めてます。
d0007657_9552495.jpg
5.8はスイスイ登られました。
d0007657_9553189.jpg
岩場は未だ暑すぎる!10月までは、DWSを頑張ろう!
by kikunobu111 | 2013-08-29 09:57 | 店主のプライベート
DWS ぬるい海水 
8/28(水)同好の志が見つかって半島へ。新しいエリアを探すが、中々良いポイントが見つからない。やっと見つけた壁はおあつらえ向きなのだが、水深が今いち。4mから飛んだら海底の岩に当たった。水もぬるいし、9月一杯は楽しめるな!
d0007657_8564381.jpg
d0007657_18224171.jpg
d0007657_18251312.jpg

by kikunobu111 | 2013-08-28 08:59 | 店主のプライベート
マタタビの実
8/25(日)天気も回復して、午後から近郊の山へ。海抜2~300mで日影はヒンヤリと心地よい。
d0007657_176547.jpg
I氏から聞いた通り、マタタビの実が沢山成っている。マタタビ酒の材料GET!
d0007657_177110.jpg
この達磨のような実は?
d0007657_177964.jpg
首まで浸かりたいような滝壺。
d0007657_1771699.jpg

by kikunobu111 | 2013-08-25 17:05 | 店主のプライベート
DWS or ウオーターボルダリング
○月○日 今朝も胸をときめかせる岩場を求めて半島へ。西の方を探すと、ありました。水際をトラバースして洞窟へ。チョークをタップリつけて、130度の洞窟天井を目指す。ニーロック、ヒールフックと技を連発するが、掴んだホールドはスローパー。チョークの切れた指が滑る。ヒールを掛けたまま頭から海中へドボン。
d0007657_9261283.jpg
いやー!この楽しさ、そして夏の日本海のエメラルドグリーン、言う事なし!
d0007657_926191.jpg

by kikunobu111 | 2013-08-20 09:27 | 店主のプライベート
DWS Ⅱ
8/17(土)お盆は3日連続でDWS。半島を歩き回り、外れもあったが、今朝のポイントはGood!
d0007657_105644.jpg
周囲にはハイ・ボルダーもゴロゴロ。(この写真で解った人もいるか)?
d0007657_105612100.jpg
ラインは5.8から5.10aくらいで、落ちる気はしない。海水浴場の飛び込み台から飛ぶのも苦手だった腰抜けなので、DWSに慣れるには飛び込みからだ。徐々に高度を上げていく。最後に6~7m位からジャンプ出来た。このスリル、病み付きになる。
d0007657_1056189.jpg
ロープもギヤも、ビレイヤーも要らない。1人遊びには最高です。やってるうちに色んな事が解ってくる。チョークバッグ代わりに小さなレジ袋に一回分のチョークを入れ、腰につける。飛び込んだら新しいレジ袋に交換。これで幾らでもチョークアップが可能。(DWSは危険が伴います。この記事を真似て、死んだり、怪我をしても当方は一切責任がありません。)
Deep Water Soloing
There are a lot of Climbing Styles, and Deep Water Soloing (DWS) is one of them. Having to climb a rock and fall on deep water sets it apart from the other styles.

Deep Water Soloing is also known as psicobloc, which is a form of Solo Rock Climbing. It is also known as Water Bouldering in some countries. Deep Water Soloing is a rapidly growing sport not only for the experienced climber but for the swimmer as well since it is practiced on sea cliffs at high tide.

Before starting Deep Water Soloing, there are obviously a lot of factors to be considered. First is the cliff’s environment. The weather must be sunny and warm when doing this activity. Since you will be falling off on water and climb the rock wet, the sun is important to keep you warm and if you want, the sun can give you a good tan. Second, choose a safe route and never go beyond what you think you can do. Below is the grading system, or the “S” grades for Deep Water Soloing: ◾S0 – Safe Solo. This has an area of deep water.
◾S1 – Pretty safe. Watch out for boulders and water depths.
◾S2 – Not quite safe. Recommended during high tide. Pick a landing spot carefully.
◾S3 – Dangerous. You will fall on shallow water which will make your fall painful.
You should watch over the tide of the sea that you will be landing on. On your first fall, it can still hurt if you came from high up. Be sure to fall on a good angle so as not to injure yourself.

For your safety, here are some guidelines that can help you have fun in Deep Water Soloing: ◾Choose the right time of the year for the best tides. You’ll find it between June to October.
◾Gear up with loads of chalk, chalk bags, and boots as dry set is desirable after each fall.
◾Go Deep Water Soloing with a friend. Not only do you have someone to share your joys with but also a companion just in case something unexpected happens.
◾Check out a well-known venue to ensure safety of the place you are going to.
◾Stay within your grade, and increase every time you are able enough to handle dangerous routes.
You have to be cautious when you try Deep Water Soloing. Sometimes, the water temperature would be too cold and it would be hard for you to breathe. You must be a really good swimmer so you can be strong enough to counteract the waves and swim to a safer place. Be aware of hypothermia, which is a very real risk in this type of activity.


There are a lot of things to keep in mind since Deep Water Soloing is a dangerous sport. But once you are into it, adrenaline rush will help you enjoy every climb and fall that you will experience.
by kikunobu111 | 2013-08-17 11:17 | 店主のプライベート
DWS
8/13(火)早朝、半島でDWSを楽しんだ。切り立った島まで20m程の泳ぎ。貝採りをしていた地元の漁師に咎められるが、「大丈夫、安全です。」と説明。壁はやや前傾、海底深く垂直に沈み込んでいるので、思い切り落ちれる。が、未だ慣れていないので、Mウオール位の高さまで登るのが精いっぱい。
d0007657_10213168.jpg
クライミングシューズは濡れてもフリクションには殆ど影響がない。(今は沢登りシューズもステルスラバーを使用してる)。問題は指。海水で濡れた指では、細かいホールドが持てない。防水の良い袋にチョークバッグと乾いたタオルを入れて、濡らさないように泳がねば。
d0007657_10214492.jpg
ともあれ夏場には最適のクライミングです。マヨルカ島やプラナーンに行かなくても、将来、島根半島はDWSのメッカになるぞ!(写真はインターネットから)。
by kikunobu111 | 2013-08-13 10:35 | 店主のプライベート
大山登山
8/11(日)大山単独です。トレランシューズで軽快に!
d0007657_14542677.jpg
色とりどりの高山植物が花盛りでした。
d0007657_14543352.jpg
d0007657_14544681.jpg
霧の山頂は大賑わい。若い人が多い。
d0007657_1454525.jpg
即、下山開始。
d0007657_14551177.jpg

by kikunobu111 | 2013-08-11 14:57 | 店主のプライベート
PETZL SIROCCO 入荷
8/8(水)世界最軽量クライミングヘルメット(ペッツル・シロッコ)が入荷しました。165g、帽子より軽い!¥13.440.
d0007657_12443056.png
d0007657_12444527.jpg
d0007657_12445494.jpg

by kikunobu111 | 2013-08-08 12:46 | 商品情報
早朝クライミング
8/8(水)Y氏と海岸へ。海風が心地よい。
d0007657_9214263.jpg
手結ノ浦では、俺は「Light My Hope 5.10c」が面白いと思う。しかし今朝はテンション。情けない。
by kikunobu111 | 2013-08-08 09:25 | 店主のプライベート
菊信・夏山ツアー
8/1(木)14名のメンバーで午前4時、松江を出発。出だしから土砂降りで皆、浮かない顔。13時間近いバスの旅で新潟、福島県境付近の銀山湖畔、「伝の助小屋」へ。(バスは一人二座席なので楽だった)。宿の親父さんから、中の俣川登山口までの林道が豪雨のため通行できないかもしれない、と告げられ、顔が引きつる。
8/2(金)宿の手配したバスで午前4時出発。林道下の川は逆巻く激流となり、支流から迸る水流が道路を川の様に洗っている。それでも何とか登山口まで行け、ホッとする。雨具に身を包み5:20スタート。
d0007657_9115789.jpg
丸木橋は流されていたので。掛けなおして渡る。
d0007657_912535.jpg
このコースは時間が短縮出来るのだが、すごい急登のうえ、道が雨でえぐられて登り難い。鷹巣コースと合流すると、緩やかな道になる。滑り易い木道を慎重に。晴れていれば絶景が広がるのだろうが、まー、降ったり止んだりの中、登れるだけでもありがたい。
d0007657_9121974.jpg
頂上が近づくと笑顔も浮かびます。
d0007657_9122769.jpg
d0007657_9123698.jpg
8時、2.147mの平カ岳に着く。
d0007657_9124430.jpg
小雨の中で昼食。
d0007657_9125486.jpg
玉子石を見て、
d0007657_913359.jpg
午前11:30下山。早い下山で、待っていた運転手さんもビックリしていた。この後、桧枝岐まで、2時間のバス移動の筈が、集中豪雨の影響で道路が通行禁止となり、4時間以上の大廻りとなる。
8/3(土)今朝の天気は昨日よりマシ。時々青空ものぞく。宿泊した「柳屋」の主人が会津駒ヶ岳の登山口まで車で送ってくれる。
d0007657_1319443.jpg
午前4:35スタート。平カ岳と違って良く踏まれた立派な登山道だ。途中、しっかりした木道も整備中。
d0007657_9345974.jpg
道は次第に緩やかになり、3時間で駒ノ小屋。
d0007657_935752.jpg
濡れてツルツルの木道を山頂へ。2.133mの頂上で記念写真。周囲の景観には恵まれなかったが、予定どうりの登山が出来てホッとする。
d0007657_9351519.jpg
この後、中門岳に向かう。
d0007657_9352417.jpg
d0007657_9353453.jpg
歌の文句ではないが、霧の中に池溏や高山植物が幻想的に浮かんで来る。
d0007657_936721.jpg
中門岳までは30分余りの散歩です。
d0007657_9362177.jpg
d0007657_9363121.jpg
12時に桧枝岐まで下山。道路傍にはコスモスが咲いている。もう秋の気配か?
d0007657_936423.jpg
d0007657_9365481.jpg
我々の泊まった民宿「柳家」の料理は超がつく豪華版です。
d0007657_93764.jpg
熊肉料理、鹿肉のたたき、山菜、キノコ、岩魚、山椒魚の天麩羅、手打ちそば、コウタケご飯、自家製の果実酒と、あまりの品数に皆、太鼓腹をさすっていました。
d0007657_9371640.jpg

8/4(日)
d0007657_104508.jpg
朝6時に帰途につく。宿の主人(右)は熊撃ち漁師(マタギ)30年の山男です。おかみさんも気さくで、桧枝岐に行かれたら、お勧めの宿です。16時間余りのバスの旅で、水郷際の終わった松江帰着。
d0007657_11473398.jpg
平カ岳
d0007657_11474711.jpg
会津駒ヶ岳
by kikunobu111 | 2013-08-05 09:17 | イベントレポート