<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
魚突き
7/31(木)初めての磯に行く時は、ドキドキする。どんな海底だろうか?潮流は?と。
d0007657_10191975.jpg
ここはアイゴの群ればっかり。以前、毒棘でひどい目にあったので、無視。
by kikunobu111 | 2008-07-31 10:19 | 店主のプライベート
爺の登山小史 No33
この年の後半は、大山北壁、滝沢を登ったり、ゲレンデの岩登りくらいで、ちょっと低迷してた。私生活で色々あったので。正月は単独で槍尾根~船上山縦走に向かい鳥越峠でツエルトビバーク。降雪は夜中にザーザー降りの雨となり、寝袋も衣類もグショ濡れで、翌日は縦走を諦め、烏ガ山を往復。頂上直下のトラバースは雪壁となって悪く、ピッケルで足場を削りながら突破する。そして2月11日、またまた大屏風岩に挑戦。難しい正面カンテルートだ。取り付きまでは腹まで埋まるラッセル。1ピッチ目、Y君がリード。しんがりの俺はノービレイで駆け上がる。鏡岩トラバースは俺がリード。夏とは違うラインを登る。2~3箇所微妙なバランスを要す。ザッテルからトップでカンテに向かう。最初の6~7mはフリークライム。登攀の感覚を取り戻したのか、不安感無く高度を稼ぐ。A1の人工に入ると、途端にペースが落ちた。アイゼンバンドの結び目にアブミのヒモが引っかかり、イライラする。ロープ一杯登って、アブミの上で確保、後続を上げる。吹雪で視界の悪い中、Y君がトップを受け持つ。カンテを回り込んで見えなくなるが、ロープが伸びて行かない。吹雪の中から、y君の悲鳴が聞こえる。彼の姿が見える所まで攀じる。上部を見ると、ルートが崩壊している。ハングも倍くらい大きくなってる。ワナに嵌った我々。一刻も早く下降しないといけない。終了点まで後20mしか無いのだが。俺がクライムダウンで下の確保点まで戻り、YとSZがラッペルを試みるが、壁全体がハングしている為、空中に揺れる体が俺の所まで届かない。全くアイガー北壁のトニー・クルツとおんなじ状態だ。
d0007657_16583215.jpg
夕暮れが近づいている。パートナーに手が届き、壁に引き寄せる。やっとの思いで、3人ザッテルに合流したが、鏡岩の逆トラバースはギリギリのバランスを要求された。雪に覆われたバンドを斜めに下りて行くのだが、激しいランナウトが続く。落ちるなら落ちろと半ばヤケクソで進む。最後はラッペルで取り付きへ。暗くなった大ガレを尻セードで一気に下降。この時のパートナーSZ君は数年後、突然の病で他界した。
by kikunobu111 | 2008-07-26 17:29 | ・爺の登山小史
早朝の大橋川
7/26(土)
d0007657_8423811.jpg
ちと間抜けな絵です。
by kikunobu111 | 2008-07-26 08:43 | ・菊信ギャラリー
魚突き 単独
7/24 海に通い続けた甲斐あって、今日はー10mが楽に潜れるようになった。磯焼けで魚影の無い海底に見切りをつけようと思ったその時、5~6mの海中で目の前にキジハタ(アカミズ)出現!相手は何の警戒心も無く、好奇心丸出しで俺の方に寄ってくる。スパッと串刺しにする。
d0007657_19274389.jpg
刺身と煮付けで食したが、脂が乗って極上の味でした。ヒラメ以上です。
by kikunobu111 | 2008-07-24 19:31 | 店主のプライベート
漁村の路地
7/24(木)
d0007657_949476.jpg
古浦海岸。
by kikunobu111 | 2008-07-24 09:50 | ・菊信ギャラリー
海!
7/23生温い海面を、波に揺られながら漂っていると、クラゲに変身した感じ。澄んだ海底で何かが動いた。戦国時代の雑兵みたいに、両手で手銛を握り締め、ジャックナイフで海底へ。良く見たら河豚ちゃんだった。
d0007657_10414539.jpg
今朝の獲物もちっちゃいです。
by kikunobu111 | 2008-07-23 10:43 | 店主のプライベート
爺の登山小史 No32
1972年夏、27歳。又、夏山シーズン到来!剣岳へ池ノ谷から入り、西面の岩場を登攀し、三ノ窓にキャンプするプランを実行。馬場島から30kgを越えるリュックに喘ぎながら白萩川を詰める。何度もの渡渉をこなし、二日目、雷岩から小窓尾根の急登にかかる。バテバテで池ノ谷に下降。三日目、剣尾根を目指すが、ルートを間違えたらしく、非情に難しい壁に行く手を阻まれ敗退。落ち込んだが、とりあえず4日目は池ノ谷左俣の雪渓を三ノ窓まで重荷に耐えて登る。井戸の底のような暗い谷を登りきる。三ノ窓はまさしくクライマーのオアシスだった。日本海に沈む夕日の美しさに疲れも吹っ飛んだ。5日目、目の前のチンネをアタック。下部、日稜ルートから、上部、左稜線へ。硬い岩をグイグイ登る快感に酔う。6日目、今回の主目標である剣尾根R6~R7~剣尾根上部へ向かう。陰惨な印象のコースだが、登りだしたら、岩はしっかりしてるし、ウキウキする登攀内容だ。コルCに出て、核心部のドームの登攀が始まるが、思ったより簡単で気分良く登れた。最後のコルBからの下降は悪かったが。6日目、休養日。池ノ谷、右俣に入れなかったのが残念だ。午後テントの前に聳えるジャンダルムの岩場を登る。
d0007657_1944725.jpg
(写真)三ノ窓から、チンネ取り付きに向かう。
酒が切れて、近くに幕営していた熊本大の人に菓子とウイスキーを交換して貰い大満足。7日目、北方稜線を剣山頂に抜け、早月尾根を5時間で駆け下る。さすがに疲れた。富山駅前のホルモン屋、スナックとハシゴして、夜行列車に飛び乗る。
d0007657_19314395.jpg

by kikunobu111 | 2008-07-22 19:13 | ・爺の登山小史
土曜日早朝クライミング 参加8名
7/19(土)台風接近で蒸し暑い。1本登るだけで、汗がドッと噴き出す。
d0007657_111884.jpg
d0007657_11182465.jpg
途中でスコール。
by kikunobu111 | 2008-07-19 11:20 | 店主のプライベート
09春夏展示会
7/16~17 気の早い話ですが、来年春夏商品展示予約会が東京であり、ノコノコ出かけました。今回はコロンビア、アークテリックス、マウンテンハードウエアー等。 人気品は今から予約しとかないと手に入らないのです。厳しい商売です。
d0007657_8245636.jpg
d0007657_8251178.jpg
d0007657_8252622.jpg
皆様、ご期待下さいね。(お客様からのご予約も承っています。資料は店にございます。)
by kikunobu111 | 2008-07-18 08:28 | 商品情報
超スロージョグ
7/15(火)この糞暑い中、朝日山1周に挑戦。1時間も走ったら暑さでバテバテ。休息所を見つけ、頭から水道の水を浴びて少し元気回復。六坊への林道でしごかれ、ヨレヨレ。こんな日に走るもんじゃ無いなー。最後は歩きが入り、2h40mでゴール。死にそうです。(体重3kg減)
d0007657_12235750.jpg
d0007657_12241642.jpg
d0007657_122445100.jpg

by kikunobu111 | 2008-07-15 12:32 | 店主のプライベート