<   2008年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
水彩 揖屋
4/30(水)好天の連休2連発。
d0007657_929878.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-30 09:29 | ・菊信ギャラリー
水彩 手結ノ浦
4/29(火)
d0007657_930306.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-29 09:30 | ・菊信ギャラリー
爺の登山小史 No26
1971年1月1日、大屏風岩登攀の朝が来た。リーダーは高松のOG氏。俺とK田氏が付いて行くという形になった。ゆっくり元谷を詰め、10時に鏡岩ルートの取り付きへ。3パーテイが先行していて、待たされそうだ。と思いきや、OG氏、強引な追い抜きにかかる。先行パーテイがセットしたハーケンに自分のロープを掛け、無理矢理の追い抜き作戦。それはまずいんじゃないの?と思うが黙って見てるだけ。OG氏にしてみれば、ヘボがモタモタしてんじゃねいよ!という気持ちなんだろう。しかし抜かれる方は腹が立つだろうな?第一、どっちかが落ちれば巻き込まれるのは必至だ。ともあれ大したトラブルにもならず、俺の登る番になった。所がアイゼンが8本爪なので、スラブ状の岩ではツルツル滑るだけで、非常に登り難い。トップのOG氏はドイツのサレワ製の12本爪なのでスイスイだが。
d0007657_17274498.jpg
何とか3ピッチ終わり、浮石棚と呼ばれるテラスで最終ピッチの確保をする。ここが核心部らしいが、人工登攀なので思ったよりスムースに進む。岩から雪壁に変わりやがて終了点。午後4時だった。空腹と疲れでフラフラしながら縦走路に出て、暗くなり始めた元谷へ駆け下る。しかしこの登攀は、俺の中では、も一つスッキリしなかった。他人の力に頼ってのクライミングは登った事にはならないのだ。と言うわけで又、課題が出来てしまった。今度は俺がトップで登るのだ!まず出歯のアイゼンを手に入れなければ。
by kikunobu111 | 2008-04-28 18:04 | ・爺の登山小史
ジョグ登山 摺木山(415m) 単独
4/28(月)平田の摺木山へスロージョグで登る。山頂の航空管制レーダーまで、緩やかなワインデイングロードが続き、俺の好きなジョギングコースです。この山には、色々思い出もあるし。(昔、レーダーを作る為の道路測量の杭運びと藪の刈り払いのバイトで夏も冬も通った。)
d0007657_11204820.jpg
d0007657_1121926.jpg
d0007657_11211886.jpg
d0007657_11214296.jpg
山頂から日本海も良く見えます。(45分で山頂)
d0007657_11321284.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-28 11:24 | 店主のプライベート
クライミング 島根半島 2名
4/26(土)早朝クライミング。 TRだが、体が思うように動かない。シーズン初めと言う事にしておこう。
d0007657_21431337.jpg
d0007657_21432525.jpg
d0007657_21433773.jpg
20歳代のTI君、経験は少ない筈だが、スイスイ攀じる。澄んだ海を見てると、早く魚突きに潜りたくてウズウズします。
by kikunobu111 | 2008-04-26 21:54 | 店主のプライベート
トレラン 単独
4/25(金)広瀬側から京羅木山~星上山中間コルに出て、荒田越えから広瀬に戻ろうと目論んだが、とんだ妨害が入って失敗。
d0007657_1631139.jpg
足立美術館付近からスタート。新緑の京羅木山がクッキリ見える、が、今朝はひどく冷え込む。日曜のボッカの疲れが残っているのか、足が重い。
d0007657_166647.jpg
谷沿いにえらく立派な舗装路を登って行くと、不安的中!最後の民家の前に白い大型犬が放し飼いになってる。
d0007657_1612482.jpg
150mほど手前で気づき、恐ろしい吼え声を背後に聞きながら走って山を下る。
d0007657_16124945.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-25 16:10 | 店主のプライベート
早朝ハイク「京羅木山473m」 参加7名
4/23(水)6:30総合運動公園に集合。星上山~京羅木山縦走路中間の峠へ、山口谷から登る。
d0007657_835778.jpg
イチリンソウが咲いてた。
d0007657_8365232.jpg
竹林の中の峠で休憩。
d0007657_8374939.jpg
新緑のトンネルを、山頂を目指す。
d0007657_8385041.jpg
ノンビリ1時間余りで頂上。360度の眺望に感動!
d0007657_8403442.jpg
下りは広い道を金比羅宮へ。
d0007657_8412026.jpg
ほど良い朝の散歩登山でした。10時過ぎには帰宅。 ★次の予定は、5月連休明けです。(日時、場所はもう少しお待ちください。)
by kikunobu111 | 2008-04-24 08:44 | イベントレポート
ヘボ絵
4/21(月)空山
d0007657_9219100.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-21 09:21 | ・菊信ギャラリー
トレールボッカイング 大万木~琴引 単独
4/20(日)8:10大万木山、門坂駐車場を21kgのザックを肩に意気揚々とスタート。滝見コースを調子良く登る。1.5hで山頂。この頃は未だ絶好調!
d0007657_1939559.jpg
d0007657_19402171.jpg
中身は13kgの水とキャンプ用品一式。これから琴引山までの縦走は未経験のルートだ。「しまった!地図を忘れて来た。」こんな山、そんな物要らないと思っていたが、これが原因で最期に酷い目にあうとは。ひたすら尾根を忠実に辿る。草ん峠からの急登辺りから、少しずつ疲労感が増してくる。
d0007657_19472194.jpg
琴引山は遥か遠く春霞にぼやけて見える。
d0007657_19501335.jpg
d0007657_19514013.jpg
昼食は例によって「出前一丁」美味い!細かいアップダウンが続き、心臓はバクバクしてる。荷は肩に喰いこんでくるし、俺って本当に自分にサデイステックだな。
d0007657_1955861.jpg
琴引手前の峠へ急激な下降。勿体無い!
d0007657_19572899.jpg
琴引への登りは緩斜面で助かる。ゴールが近づくと又、元気回復。
d0007657_2002879.jpg
d0007657_2012357.jpg
頂上直下で道を間違え、琴麓の方に下りてしまう。まー、しゃーないか?
d0007657_2041751.jpg
長い下降が続き、農家がポツポツ現れるが、農繁期のせいか、留守の家ばっかりで、タクシーを呼ぼうにも出来ない。結局、54号線まで歩く。最後の家でタクシーを呼んでもらう。8時間半のボッカ山行だった。何とか歩きとおせて一安心。しかし道を間違えたせいで、大万木駐車場までのタクシー代4.400円也。貧乏人にはキツイです。
d0007657_2011421.jpg
d0007657_9282536.jpg
d0007657_20234366.jpg

by kikunobu111 | 2008-04-20 20:11 | 店主のプライベート
Mウオール 4名
4/19(土)雨で岩場は無理なので、屋内壁に。
d0007657_14373813.jpg
d0007657_14375326.jpg
d0007657_1438576.jpg
山陰3美人クライマーと攀りました。
by kikunobu111 | 2008-04-19 14:39 | 店主のプライベート