<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
7月の営業
7月中は、無休で営業します。(但し、日曜日は、正午オープン~午後6時までです。)日曜以外は、9:30~午後8時まで開いております。よろしくお願いします。
d0007657_9493361.jpg

by kikunobu111 | 2006-06-30 09:50 | ショップのご案内
またしてもクライム(名和町)
雨模様なので岩場は諦め、名和町体育館の人口壁に5人の仲間で行く。思ったより涼しく、楽しいクライミングを満喫した。夏は、前穂高の東壁や滝谷を登ろうぜと言う計画で盛り上がる。
d0007657_18592872.jpg

by kikunobu111 | 2006-06-25 19:00 | 店主のプライベート
最近の早朝。
誠にプライベートですが、この頃、早朝水彩画スケッチをやってます。自我流で技法も何も解らず、気の向くままに描いてます。下は、6/18(日)炎天下での下手絵.
d0007657_16535833.jpg
ところで、先週末、TVで山野井泰史氏の番組を見ました。撮影が下手糞で、少しガッカリでしたが、中々面白かったです。10年位前、伊豆の城が崎でルーズガールを登ろうとしてたら、うしろで順番を待っていたのが彼で、言葉を交わした記憶があります。7~8年前には、彼を松江に呼んで、山のスライド会をして貰ったことがありました。未だ一般的では無かったせいもあり、少人数の催しとなりました。すごく気さくな人で、一緒に飲み屋に行き(基本的に、酒は飲まない。)、翌日、島根半島「沖泊」の岩場に案内しました。
d0007657_1735023.jpg
d0007657_174682.jpg
当時から、私の中では、彼は、日本に数少ない本物の登山家というイメージがありました。(何が本物かなんて、ただ個人の思い入れに過ぎないことですが。)植村直己のような歩き志向な山屋さんでも無く、小西政嗣のようなタイプとも違う感じがしました。しかし彼の様にストイックに理想を追求するのは、半端な私にはとても出来ることじゃない。TVを見て、つくづく思いました。
★最近の山ジョグは、週に1~2回が限度です。最初4~50分ロードをジョグして、そのまま標高差300m位の山をヒイヒイ言いながら駆け登る(這い登る?)というのが、なかなか体に効きそうな気がします。
by kikunobu111 | 2006-06-18 17:14 | ・菊信ギャラリー
手結ノ浦の岩場
6/17(土) 早朝の待ち合わせ場所に来たのは、米子のTさんだけ。手結、膳棚の岩場へ。タコマンを先ず登って、TRする。アブミでの人工登攀は意外と悪い。元々フリールートなので、アブミの人工からフリーに移るのは、こういうクライムをした事のある人は、ご存知だろうが、ひどく怖いものだ。Tさんも苦労している。それでも何本か、片付けて早めに帰途に着く。d0007657_1056120.jpg
by kikunobu111 | 2006-06-17 16:37 | 店主のプライベート
夏にお勧め! Waldiesサンダル
履いている事を忘れそうな、軽量サンダル。しっかり足をグリップするので、カジュアル使用のみならず、アウトドアでも役に立ちます。 3.780円。 
d0007657_13591369.jpg

by kikunobu111 | 2006-06-16 14:03 | 商品情報
青谷パート2
6/11(日) 出雲のSN氏と、鳥取の青谷へ。2週連続だ。先ず、5.9と5.10aでウオーミングアップ。先週、惜しい所で逃した「ニコちゃん」5.11aスパッとRP。おー!調子良いぞ!勢いで、「タイトボーイ」5.11a(完全なルーフ)あっさりオンサイト。途中、一瞬足が離れ、手だけでぶら下ったが、素早くヒールフックを決め、やったぜ!釣り師達が応援してくれた。(しかし、伊豆半島、城が崎のタイトボーイは、もっと悪かった様な?)次は、「サイボーグMMH」5.11b。これは出だしが超ランナウト。落ちたら、間違いなく車椅子なので、知性派の俺は、TR。やはり下部が核心。次は、先週ビビッて日和った「ウワーコーナー」5.9.NPルートで、やっぱりビビリまくりで、RP。今日、一番怖かった。そして、「めまい」5.10c。非常に簡単。「めまい」右のNPクラック。易しい。最後に「月光」5.11b/cトライして終了。面白かった!SN氏も色々楽しんでくれた。
d0007657_18294561.jpg
ニコちゃん(5.11aのSN氏)
d0007657_18305024.jpg
d0007657_822519.jpg

用語解説;★RP・・ルートをリードで完登する事。(挑戦回数は問わない)
       ★ ヒールフック・・オーバーハングにぶら下った時、足が外れない様に岩角にかかとを引っ掛けて支えること。
        ★オンサイト・・ルートを何の予備知識も無しで、初見でリードに成功する事。(最も価値が高いクライミング)
        ★NPルート・・ナチュラルプロテクションの略。縦に割れ目(クラック)が走ったルートで、ピトン、ボルト等の支点が無い時、ナットの一種を割れ目に挟んで支点代わりにするクライミング。慣れと習熟が必要。
        ★TR・・トップロープの略。ルートの上から、ロープをつるべ状に垂らし、登る方法。
        ★ランナウト・・ルート中、安全確保の支点から、次の支点までひどく離れている事。途中で落ちると、バンジージャンプ状態になる。
by kikunobu111 | 2006-06-11 18:32 | 店主のプライベート
鳥取県、青谷海岸の岩登り。
6/4(日)去年の小豆島、親指岳登攀から、久しぶりに、Y君からお誘いのtel。即OKで、青谷へ出発。10数年振りだ。フリー協のヨコ君達がルート整備をしたのは、聞いていたが。松江から1.5h位。岩質は、島根半島よりずっと良い。ルート図便りに、5.9からリードする。次は5.10a(これは、楽しいルート)。調子に乗って5.10c(ハングマン)。一回目、墜落。2回目で何とかRP。昼ごろから暑くなり、だれて来る。5.11a(ニコチャン)トライ。ボルト2本のボルダールートだ。何度もトライして、終了点のガバを取る一手で落ちてしまう。非常に悔しい。これでガックリ来てしまう。最後にNPのクラック(5.9)に取り付くが、終了手前で弱気が出てOSを逃す。
d0007657_18472688.jpg
d0007657_18474744.jpg
d0007657_1848536.jpg
本日はここまで。Y君とは、又、アルパインルート行こうと約束して、帰途に着く。
by kikunobu111 | 2006-06-04 18:49 | 店主のプライベート
今後のイベントの予約状況。
★8/5~6の甲川沢登りは、定員に達しましたので、締め切ります。
★8/16~20の北ア、黒部五郎縦走は、未だ7~8名余裕あります。
★10/4~9のボルネオ島、キナバル峰は、後、1~2名空きがあります。
よろしくお願いします。
by kikunobu111 | 2006-06-03 15:36 | イベント情報