<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
店内は、春の装いです。
春、夏物の登山用品が続々入荷中です。用具もウエアーも高機能化、軽量化が一段と進歩しています。実物を手にとってご覧下さい。ご来店、お待ちしています。
d0007657_15575018.jpg
d0007657_1558739.jpg
d0007657_1558254.jpg
d0007657_1558392.jpg
★今シーズン、力を入れているブランドは、ノースフエース、アークテリックス、タラスブルバ、メスカリート、ローアルパイン、マウンテンハードウエアー、ローバー、ハンワグ、シリオ、ガルモント等です。
by kikunobu111 | 2006-03-28 15:59 | 商品情報
GPSの時代。
商品情報1)GPSが山登りの必需品になりつつあります。菊信では、主にガーミン社のGPSを展示販売しております。この冬の雪山遭難の多くは、道迷い遭難です。GPSをしっかり使いこなしていれば、防げるものばかりです。(機械に頼りすぎるのも問題がありますが、吹雪で視界の利かない雪山では、どんなベテランでも、勘だけに頼っての行動は殆ど不可能です。)パソコンお持ちの方なら、誰でも少しの勉強と実地訓練で使いこなせます。テキストもあるし、インターネットで、全国の1/25.000カラー地図をダウンロード出来ます。地図を購入する必要も無くなりますし、登山記録も、立体的な地図に残せます。
d0007657_1311752.jpg
左「map60cs」119.700円。中「etrexLEGEND C」79.800円。右「GEKO201」33.390円。バイク、モーターサイクルのハンドルにも取り付けられます。勿論、車の簡易ナビにも。他にも色々なメーカーの品があります。是非ご検討下さい。
商品情報2)スントー(フインランド)の腕時計。フインランドは、知る人ぞ知る、ハイテク産業の国です。スントー腕時計は、高度計、気圧計、コンパス、温度計、脈拍計、天気予報、防水と至れり尽くせりの機能がついて使いやすい品です。パソコンとつないで登山記録を残す事もできます。(バッテリーを自分で簡単に交換出来ます。
d0007657_13415940.jpg
左「ベクター」32.000円。右[X3」24.000円。他にも色々あります。
by kikunobu111 | 2006-03-17 13:18 | 商品情報
初級岩登り教室(島根半島)
3/11(土)  参加4名。 6:30集合。今朝は、加賀の石切り場。駐車場から徒歩100m。スラブ中心のこじんまりした岩場だ。5本のルートに挑戦。春の日差しが降り注ぐ岩を相手に、気持ちの良いクライミングが楽しめました。午前中で終了。
d0007657_13304559.jpg
d0007657_1331677.jpg
d0007657_13311973.jpg

by kikunobu111 | 2006-03-11 13:32 | イベントレポート
大山北壁、早朝クライミング(単独)
3/8(水) a.m.3:30起床。愛車を飛ばして大山へ。国道の温度計は10℃を指している。もっと冷えて来れー!と思っている間に大山寺着。真っ暗な駐車場で着替えを済ませ、5:30出発。神社を過ぎた頃から薄明るくなってきた。マイペースで登る。小屋付近まで40分。気温が高い割りに、雪は結構締まっているので、スキーは担いだままでOK。屏風大ガレ下にスキーをデポする。周囲の沢は至る所、昨日あたり出たと思われる雪崩のデブリに覆われている。もう春だな。昔、夏冬登った大屏風岩、港ルートが頭上にそびえる。この辺りで以前、広島の高見和成氏とパートナーが、天狗沢上部から、我々の上に落ちてきて、無残な遺体を収容した事があった。雪が血で真っ赤に染まっていた。あれ以後、良く攀っていた天狗沢に行く気がしなくなった。今日は左の元谷沢を登るつもり。天狗沢の影に隠れて、地味なせいか一度も登った事がないルートだ。急斜面を取り付きに近づくと落石が落ちて来だした。早朝なので、大きい落石や雪崩は大丈夫だと思うが、気持ちは良くない。ここまで大山寺から1.5h。
d0007657_14161322.jpg
d0007657_14162972.jpg
(写真はf1上部、後ろ左の壁は屏風岩)ダブルアックスで雪壁を登る。小石がビュンビュン落ちてくる。時々ヘルメットに当たって跳ね返る。気持ちが悪いので、必死で登る。心臓は破裂しそうだが、休憩してる余裕は無い。ルート自体は易しいので、両手のバイルはダガースタイルで十分だ。一箇所ピオレトラクション気味で行く急斜面があったが。
d0007657_14354459.jpg
上部になるにつれ落石はおさまったが、ルンゼは、あみだくじ状態に枝分かれしてくる。霧で視界が利かないので、どっちに行こうか迷う。勘を頼りに高度を稼ぐ。突然霧が晴れて、縦走路が目の前に見えてホッとする。登攀自体は45分で終わった。稜線からは、夏の砂すべりを一直線に下る。すぐ宝珠尾根に出て、中宝珠手前から元谷に下降。稜線からスキーデポまで、20分。
d0007657_14441996.jpg
(上宝珠沢のデブリ)
d0007657_14443432.jpg
大屏風を仰ぎながら始めての大休憩。ここからは快適なテレマークスキーの筈だったのだが、久しぶりに引っ張り出した細板と革靴では難行苦行のスキーとなる。それでも大山寺下の石畳まで滑り降りた。9:20帰路につく。
d0007657_18403427.jpg

by kikunobu111 | 2006-03-08 15:00 | 店主のプライベート
06年、春夏、秋ツアー、イベント計画書が出来ました。
計画書、店に置いてあります。取りにおいでください。
by kikunobu111 | 2006-03-06 11:31 | お知らせ
菊信06年3月~10月ツアープラン。
3月 3/11(土)初級岩登り講習・島根半島(午前中)ー無事終了しました。
4月 4/1(土)同上。(無事終了しました。)
   4/9(日)ピッケル、アイゼン技術訓練・大山(日帰り)無事終了。
   4/16(日)初級フリークライミング・岡山、備中の岩場(日帰り)
5月 5/18(木)~5/21(日)北ア、残雪の槍ガ岳登頂。
6月 6/3(土)初級岩登り(午前中)
   6/24(土)人工登攀訓練(午前中)
8月 8/5(土)~8/6大山・甲川完全遡行(二日)
   8/16(水)~8/20(日)北ア。黒部五郎岳縦走(山小屋3泊)
   9/2(土)初級岩登り。島根半島(半日)
10月 10/4(水)~10/9(月)キナバル山(ボルネオ島)登頂。
★参加費等、詳細はお問合せ下さい。
★計画は、変更、中止、追加する場合があります。(これ以外にも追加イベント計画します。ホ ームページご覧下さい。)

★ボルネオ、キナバルは、定員13名(残り2名空いてます)
★8月の北アルプスも受付中です。(余裕あります。)
★より詳しいパンフレットが店に置いてあります。どうぞ取りに来てください。
d0007657_11235076.jpg
 昨年の夏山「笠ガ岳」です。
 
by kikunobu111 | 2006-03-06 11:24 | イベント情報
大山槍尾根1.405mピーク(参加7名)
3/4(土)午後3時松江出発。江尾、御机経由で5時、奥大山スキー場着。駐車場に幕営する。スキー場も営業を終え静かになる。大山の南壁、槍尾根、烏ガ山がアーベントロートで、ピンクに染まり、荘厳な夕景だ。
d0007657_1805940.jpg
d0007657_1811641.jpg
今夜のメインデイッシュは「きよ鍋」。歌手でユニークなアウトドアマンでもある「尾崎喜世彦」考案の鍋料理だ。レシピは次のとうり。「鍋に日本酒1升をぶち込み、沸騰させてアルコールを飛ばす。そこに豚肉、白菜、舞茸などを入れ、大根おろしと醤油のたれをつけて食う。」これは最高に美味い。ビール、酒がガンガン胃袋に納まり、凍る様な星空の下、テント内は熱気に包まれていた。
3/5(日)昨夜は寒かった。テントの外に置いたものは全て、地面に凍り付いていたので、ピッケルで剥がす。8時、日帰り組も集合し、出発。真っ蒼な空に目指す槍尾根が輝き、皆の顔も輝いている。シールが良く効き、快適に高度を上げる。
d0007657_18124742.jpg
d0007657_18131034.jpg
鳥越峠に向かうコースを外れ、左寄りに雪稜を直登。スノーシューのメンバーも爪が雪面をしっかり捉え案外早く、10:30頃1.405mピーク着。前後左右、日本離れした風景に囲まれる。烏、槍、そして甲ガ山も。
d0007657_7513456.jpg
d0007657_1817555.jpg
d0007657_18181498.jpg
風が寒いのですぐ下山(スキー滑降)にかかる。出だしは急だが、雪はなかなか良い。空中に身を投げ出す様な最初のターンが決まると、後は勢いに乗って、あっという間に鳥越峠の下へ。ここから斜滑降気味に滑る。ウキウキする様な滑降が続き、今日はテレマークターンも、さまになってるな?
d0007657_18212791.jpg
d0007657_18222367.jpg
d0007657_7474563.jpg
風も収まったので昼食休憩。駐車場には12時帰着。今冬一番の楽しいスキー登山でした。
d0007657_18243393.jpg
d0007657_18312362.jpg
帰途、岸本で温泉に入り、境港に寄って、米子クライマーズクラブのS氏が始めた日本蕎麦屋「しばた」で山掛け蕎麦を食う。美味かったです。
d0007657_1827152.jpg

by kikunobu111 | 2006-03-05 18:27 | イベントレポート