<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
06夏山ツアー、笠ガ岳
8/18(木)夜9時、松江をバスで出発。(参加17名)
8/19(金)朝8:20岐阜県、新穂高温泉出発。ノンビリした林道歩きの後、小池新道の登り。結構ダラダラと長く、2時頃、鏡平小屋着。残念ながら、槍、穂高は雲に覆われて見えない。
8/20(土)6時出発。今日も曇り。主稜線に出ると寒い。細かい登り下りが続く。昼前、抜戸岳着。西の方は晴れて、黒部五郎、薬師岳が見える。広大な風景の中、緩やかな起伏の稜線歩きが続く。登山道の両側は、高山植物の花盛り、色とりどりの花の名を覚えながら歩く。笠頂上を往復して、小屋へ。
8/21(日)ガスの中を出発。笠新道分岐までが結構長い。いよいよツアーの正念場、急激な1.600m近い下降だ。しかし時間はかかったが、それ程きつくはない。南アルプスのドンドコ沢の下降等は、もっと大変だった。温泉に入って、生ビールで喉をうるおし、帰途に着く。
d0007657_165523.jpg
d0007657_1672884.jpg
d0007657_1681932.jpg
d0007657_1685658.jpg
d0007657_16105136.jpg

by kikunobu111 | 2005-08-22 16:11 | イベントレポート
06春夏商品情報
8/9~8/10大阪で、来年の春夏用品の、展示受注会がありました。不況の中ですが、各メーカーの展示品は一段と洗練されたものとなっています。特に注意を引いたのは、軽量化が益々進んでいることです。例えば、二人用テント、寝袋、リュックの3点で、2.8kg。こうなると、夏のアルプス縦走等、混んだ山小屋に泊る必要が無くなり、より自由で、個性的な登山が楽しめるようになるでしょう。(10kgも担げれば、4日間ぐらいはOK!)ウエアも(特にシャツ、下着)進化が進んで、体を冷やすシャツとか、いつもサラリと乾いている服が主流となります。フアッシヨン感覚も、より洗練され、A5(ノースフェース)からは、友禅染の素敵なシャツも来春には、入荷します。
d0007657_832273.jpg
d0007657_8321573.jpg
d0007657_8322930.jpg

by kikunobu111 | 2005-08-12 08:33 | 商品情報
大山、甲川キャニオニング教室
8/7(日) 参加4名   キャニオニング(峡谷下り)もこれで3回目
 午前8時過ぎ、香取林道に駐車し、甲川に下る。まづ大きな堰堤をラッペリング。すぐに水泳になる。炎暑なのに、水は冷たい。初めて参加した二人は、最初のうち、ラッペルにも苦労していたが、次第に慣れてきた。Y氏は100kmマラソンを、何度も完走しているアスリート。Fさんは、若いお嬢さんだが、頑張っている。上の廊下が終わって一安心。中の廊下で、遡行パーテイとすれ違う。連瀑帯の上で、陽だまりを見つけて、昼食。焚き火であったまる。ちょっと時間食いすぎて、慌てて下降にかかる。ここで大人数の米子グループとすれ違い。下の廊下で激しい夕立となり、増水を心配するが、大したことはなさそう。しかし水は次第に濁って来た。ここは、時間にもせかされて、あまりロープを使わず、ガンガン泳いで突破。やっと木の間隠れにうぐいす橋の赤い色が見えてほっとする。午後4時を回っていた。
d0007657_9273666.jpg
d0007657_9275943.jpg
d0007657_9283744.jpg
d0007657_9285711.jpg

by kikunobu111 | 2005-08-08 09:29 | イベントレポート
ここ数日の山日記。
7/30(土)午前中、島根半島の岩場で、「しらかばWV」の皆様に、初級クライミング教室を開     く。皆さん、8月に後立山連峰の縦走に行かれるそうです。
7/31(日)商売で休めない。朝、水彩で風景画を描く。
8/1(月)早朝、平田の摺木山(頂上にアンテナのある山)にジョグ登山。45分で駆け上がる。昼、山友達のO君、真っ黒になって来店。北アの白馬~上高地をテント担いで、縦走して帰ったと。60歳と、70歳の二人で、10日間、たいしたもんだ。
8/2(火)今朝も海を水彩で描く。
8/3(水)半島某所で、貝取り。夕食の肴の○○○、○○○を密猟。(少々は見逃して。)
8/4(木)早朝ボッカ登山。星上山登山道を26kg担いで、ノンストップ50分。ヤブ蚊の大群に襲われ、散々。
  ★8/7(日)大山、甲川キャニオニングの予定。
by kikunobu111 | 2005-08-04 13:32 | 店主のプライベート