カテゴリ:店主のプライベート( 809 )
皆ガ山(1.159m)登山
5/14(日)半島で久しぶりにリードトライを計画してたが、北の首領様がロケットを打ち上げてくださった。今日のパートナーは公務員で、その上、危機管理室所属なので、早速招集がかかって岩は中止。快晴の日曜日、何をしようか?そうだ。「皆ガ山」に行こう!厳冬期・単独スキー登山はしたが、雪が無い時も面白そうな山だ。
d0007657_16340352.jpg
9:20蒜山高原キャンプ場をスタート。
d0007657_16360586.jpg
身に染みる様な新緑の小道をたどる。
d0007657_16372625.jpg
二股山(1.080m)に10:10着。コルを挟んで皆ガ山が目前です。
d0007657_16391098.jpg
冬は巨大な雪庇に気を使いながらのラッセル登山だったが、今日は快適なトレランモード。登山口からノンストップ1時間5分で登頂。
d0007657_16420315.jpg
上蒜山を正面に望む。
d0007657_18032722.jpg



d0007657_16433538.jpg
山頂付近のブナの巨木。
d0007657_16441911.jpg
下山途中、「コシアブラ」を見つけた。帰って天ぷらだ。
d0007657_16495603.jpg
帰途、20分で描いた手抜き水彩。
d0007657_17015760.jpg

by kikunobu111 | 2017-05-14 16:47 | 店主のプライベート
広島で一人遊び
5/4(木)某ボルダーへ。
d0007657_17550039.jpg
山口から来ていた若者グループと一緒にトライ。

d0007657_17551039.jpg
嫌な予感通り、さっぱり登れません。たった3mの岩を一日頑張って1/3行けただけ。爺の醜態、身の程知らず。夜は山中で恒例の一人宴会。
d0007657_17592981.jpg
誤って、口を開けたばかりの缶ビールを倒してしまい号泣です。
5/5(日)今日は「天狗石山~阿佐山」の縦走に。
d0007657_18021494.jpg
天狗石山は「佐々木新道」から。6:14スタート
d0007657_18022763.jpg
登山者も稀なせいか、藪に還りつつあります。
d0007657_18023994.jpg
水たまりの縁を桜の花びらが飾っている。


道があるような、無いようなコースを詰める。
d0007657_18093513.jpg
ボルダーがゴロゴロある山頂へ。7:00着。
d0007657_18094635.jpg
山頂付近では雨模様だったが、じき上がる。
d0007657_18111701.jpg
コルまで下ると、立派な林道に出る。
d0007657_18112726.jpg
道も次第に良くなり、トレランモード。三つ石山に7:40着。おだやかな山容が続く西中国山地の稜線。昔、松江の故・雲田敦美氏が中国山地を、「昼行燈・ひるあんどん」みたいな山と表現していたが、言いえて妙!年を取るとこういう山歩きの味わいも解るようになった、と苦しい負け惜しみ。昨日のボルダリングは数ミリ単位の精密さを要求されるシビアさだが、今日は癒しの時間?
d0007657_18141087.jpg
阿佐山手前のピークに着いたら、スキー場になっていた。
d0007657_18215906.jpg
そして最後のピーク「阿佐山」に8:45着。
d0007657_18230237.jpg
後は下りです。
d0007657_18234905.jpg
この標識から右の谷へ下降。グングン高度を下げて、
d0007657_18240159.jpg
9:40下山。一人の登山者にも会わない(何時ものことだが)静かな縦走を楽しんだ。
d0007657_18321757.jpg


by kikunobu111 | 2017-05-05 18:27 | 店主のプライベート
ウエリー・シュテック氏。遭難
5/2(火)現在、世界最高の登山家として知られる「ウエリー・シュテック氏」(スイス)が遭難死した。限界ギリギリのクライミングを長く続けていた人だから。しかし年齢的にも、これから凄い登山をしてくれる人だったのに。惜しい!
d0007657_13205059.jpg
【ニューデリー時事】ネパール登山協会は30日、著名なスイス人登山家ウーリー・ステック氏(40)が世界最高峰エベレスト(8848メートル)で死亡したと明らかにした。
詳しい状況は不明だが、登山中に滑落したとみられる。
同協会によれば、ステック氏は高所順応中で、エベレスト南西方面の尾根を登山中だった。同氏の遺体はヘリコプターでネパールの首都カトマンズに運ばれた。

 ステック氏は2012年、無酸素でのエベレスト登頂に成功。卓越した登攀(とうはん)技術を駆使し、数々のアルプスの最速登頂記録を達成したことから「スイス・マシン」の異名で知られていた。 
by kikunobu111 | 2017-05-02 13:19 | 店主のプライベート
子三瓶山
4/30(日)好天の三瓶山(子三瓶山)に登りました。
d0007657_18124683.jpg
夫婦松からスタート。静かな山道を超スローペースで登る。
d0007657_18143473.jpg
巻き道から仰ぐ子三瓶山。聳え立っています。
d0007657_18162639.jpg
風越。名前通り風が強い。ここから山頂までキツイ登りだ。
d0007657_18183761.jpg
d0007657_18190887.jpg
1時間20分で登頂。スローです。
d0007657_18202478.jpg
室の内(噴火口)の池を眺めて下山。登山者も少なくて静かな山行が楽しめた。

by kikunobu111 | 2017-04-30 18:22 | 店主のプライベート
日帰り3連発
4/16(日)某所のボルダーに行くが、歯が立ちません。
d0007657_16461334.jpg
力不足を噛みしめながら退散して、毛無山(猿政山の隣り)登山。昔登ったコースはほとんどヤブ漕ぎに終始した。
d0007657_16465356.jpg
擦り傷だらけになって、稜線まで1時間。
d0007657_16471028.jpg
帰って調べたら、ちゃんとした登山コースがあった。しかし俺はこの方が面白い。
d0007657_16472373.jpg
猿政山が目の前にあるが、かなりのヤブ漕ぎになりそうだ。積雪期には楽に行けたんだが。
d0007657_16473290.jpg
さっさと下山して昼飯。
d0007657_16474354.jpg
離れて見ると良い山です。
d0007657_16481692.jpg
d0007657_16482624.jpg
午後は渓流釣り。岩魚とアマゴをGET。ボルダリングは意気消沈だったが、登山、釣りで楽しめた。

by kikunobu111 | 2017-04-16 17:03 | 店主のプライベート
ボルダーとお花見
4/9(日)
d0007657_15241992.jpg
Mウオールへ。ここ暫く全然登れなくて、モチベイションが下がってたが、久しぶりに緑課題(2級)がGET出来てやる気充満!そのあと誘われて木次まで花見に。

by kikunobu111 | 2017-04-09 15:30 | 店主のプライベート
槍尾根からスキー(単独)
4/4(火)
d0007657_14562021.jpg
奥大山スキー場で準備して、6:50スタート。
d0007657_14565304.jpg
環状道路は綺麗に除雪してあるが、ゲートが閉じていて、歩くしか無い。
d0007657_14570483.jpg
朝から汗ばむ気温。何とかワカン無しで登れる。
d0007657_14571525.jpg

2時間余りかかって、1.405m峰着。キリン峠手前の斜面まで登る。
d0007657_14574708.jpg
ヘボはこの辺からの滑降が無難だろう。
d0007657_14575689.jpg
矢筈、甲が山を横目に滑り出す。斜度が緩くなってから転倒の連続。ベタベタの雪のせいにしとこう。
d0007657_14580769.jpg
このコースから見る烏ガ山は素晴らしい。(本峰右の雪壁は4年前に登攀。易しい)。

by kikunobu111 | 2017-04-04 15:12 | 店主のプライベート
寺尾山 ヤブ漕ぎ登山
d0007657_11402817.jpg
3/30(木)米子のA氏から聞いた半島・雲津の寺尾山へ。
d0007657_12163799.jpg
猛烈な羊歯といばらの海を掻き分けて。
d0007657_12165064.jpg
途中から踏みあともあり、テープ印も。三角点だけがポツンとあり、見晴らしゼロの頂上。
d0007657_12170092.jpg
d0007657_12170092.jpg
201mピークまで行く。下山で2回ほど迷う。地図、コンパス(あればGPS)が必需品です。
d0007657_12252203.jpg

by kikunobu111 | 2017-03-31 12:22 | 店主のプライベート
ドライツーリング 半島
3/26(日)某所でトレーニング。中々上手くなりません。
d0007657_16151218.jpg
d0007657_16153081.jpg
d0007657_16154245.jpg
強烈にパンプするので、持久力強化に有効かも。午後は広瀬の車山ハイキング。
d0007657_17351887.jpg
山菜も時期外れで、何もない山頂。20分余り、広瀬平野をボンヤリ眺めて下山。
d0007657_173781.jpg

by kikunobu111 | 2017-03-26 16:17 | 店主のプライベート
野田ガ山スキー登山(単独)
3/19(日)大山連峰・野田ガ山へ。香取のミルクランド付近に駐車してスタート。8:40.
d0007657_181840.jpg
雪は締まって歩きやすい。
d0007657_183355.jpg
今日は調子が良い。
d0007657_1842257.jpg
滑り降りてきた米子のA氏と遭遇。テレマーク仲間です。
d0007657_1861982.jpg
岩伏せ別れまでノンストップで1時間20分。
d0007657_1873099.jpg
甲ガ山を遠望。結局A氏以外、誰にも遇わなかった。静かな雪道を取りとめのない事を考えたりしながらマイペース登山。大休み峠に向かわず、大谷を直登。稜線が近づくと急傾斜になるが、スキーは担いだまま、ワカンもアイゼンも使わず、キックステップで登る。
d0007657_18113942.jpg
最後にバテ気味だったが、12時15分登頂。華の無い山頂だ。
d0007657_18135378.jpg
大山、ユートピア方面。
d0007657_18165920.jpg
親指ピークと雪庇の発達した稜線。
d0007657_18172081.jpg
烏ガ山。山頂の少し下からスキー滑降。雪質最高でルンルンのスキーが楽しめた。
d0007657_18231351.jpg
スキーを付けたまま休憩。下山は早い。1時間10分でゴール。好天に恵まれ、最高のスキー滑降が楽しめました。
d0007657_18302270.jpg

by kikunobu111 | 2017-03-19 18:01 | 店主のプライベート