カテゴリ:店主のプライベート( 830 )
赤い天使
11/8(水)ヤフーの無料映画。暇つぶしの積りで、「赤い天使」増村保造監督)を見た。1960年代のモノクロ映画。凄い迫力に圧倒されました。
傑作です。
d0007657_20241307.jpg



by kikunobu111 | 2017-11-08 20:12 | 店主のプライベート
京羅木山ボッカ
11/7(火)早朝ボッカで東出雲の京羅木山へ。
d0007657_11325338.jpg
落ち葉の絨毯を踏みしめて。
d0007657_11333898.jpg
静かな山頂で朝食タイム。
d0007657_11342250.jpg
A社の「フォー」が、あっさり味で美味い!負荷の水を捨てて、下山はトレランモード。

by kikunobu111 | 2017-11-07 11:36 | 店主のプライベート
高瀬山
11/1(水)秋晴れの早朝ハイキング。斐川の高瀬山です。
d0007657_19082531.jpg
ゆっくり、ノンビリ登山。
d0007657_19090602.jpg
自作のおにぎり朝食が美味い!

by kikunobu111 | 2017-11-01 19:10 | 店主のプライベート
3度目の名和
10/29(日)3週連続の雨で、名和に3回も来てしまった。馬鹿みたいだが、仕方がないさー。リードの勉強にはなるさー。
d0007657_14520536.jpg

by kikunobu111 | 2017-10-29 14:53 | 店主のプライベート
名和ウオール
10/22(日)名和ウオールは、台風接近中のせいか、ガラ空き。
d0007657_15472149.jpg
d0007657_15473270.jpg
H君、5.12a挑戦中。最後のルーフが厳しそう。俺は5.10b~c登れて満足。

by kikunobu111 | 2017-10-22 15:48 | 店主のプライベート
天才?クライマー現る!
10/15(日)雨の日曜日。名和ウオールでリードトライ。
d0007657_16111593.jpg
ボルダリング初めて2か月のO君、ちょっと心配だったが、初めて付けるハーネスにロープを結んであげて、何処まで行けるか見てたら、5.10b~Cのルートを余裕でオンサイト・リード成功!その場に居合わせた全員がビックリ仰天。
by kikunobu111 | 2017-10-15 16:12 | 店主のプライベート
船通山(1.143M)・鳥取側から
10/8(日)初めて登るコース。林道途中の登山口をスタート。
d0007657_16282856.jpg
苔むした舗装道を15分位でキャンプ場。
d0007657_16294062.jpg
炊事場とトイレがあるが、利用されてない雰囲気。ここから登山道になるが、樹林帯の中、階段が続く。
d0007657_16304842.jpg
地味なコースです。芝栗と胡桃が沢山拾えるので良しとしよう!
d0007657_16334693.jpg
ノンビリ登山1時間半で登頂。ハイカーの皆さんが弁当を広げていた。空気が澄んで秋らしい天気。
d0007657_16361924.jpg
初めてXERO SHOESを履いて登ってみた。セミ・ベアフットといった感じで気持ちよく歩けた。解放感、自由感が心地よい。これからトレランにも使ってみたい。

by kikunobu111 | 2017-10-08 16:41 | 店主のプライベート
天狗山・ボッカ
10/4(木)久しぶりにボッカ訓練。手始めに15㎏で天狗山。登山口Pからダブルストックでボチボチ登る。
d0007657_11110743.jpg
急登が続く山道。
d0007657_10425052.jpg
ノンストップ1時間10分で登頂。少々バテました。
d0007657_11084317.jpg
中学で登山を始めた頃と変わらぬ風景。「下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり」か。
d0007657_11095244.jpg
豪華?な曲げわっぱ弁当を平らげて下山。

by kikunobu111 | 2017-10-05 11:11 | 店主のプライベート
韓国一人旅・雪岳山縦走
9/26(火)ミサイル騒動で大騒ぎと思いきや、ソウルの街は至って普通でした。国難、国難と煽っている誰かに見せてやりたい。広島から仁川空港へ。
d0007657_10371034.jpg
取りあえずはカルビとビールで前途の無事を祈る。ソウルの地下鉄は東京の比じゃなく複雑に張り巡らされてる。慣れないと何処がどこやらサッパリ解らん。(いざ非常時には防空壕になるのかな?)
d0007657_10412178.jpg
「東ソウル・バス・ターミナル」からソクチョ(東海岸)行きの高速バスに乗る。
快適なバスの旅、2時間少しでソクチョ着。北方には鋸刃の様な雪岳山のスカイラインが見え、心がときめく。
d0007657_10504293.jpg
海に面した田舎町と言った風情。北朝鮮との国境は近い。(境港からのフェリーが着く街です)。ローカルバスで登山口のある「五色温泉」へ。
d0007657_10542989.jpg
一番安そうな宿へ。紅葉シーズン前で、辺りは閑散としている。(標高300m位)
9/22(土)午前4時に起きて登山スタート。
d0007657_10574022.jpg
4:40登山口のゲートを潜ると、真っ暗闇の世界だ。ヘッドランプの明かりを頼りに進む。登山者の姿もなく、木々の間に麓の明かりが見え隠れするだけだ。
d0007657_11192456.jpg
このコースは短時間で登頂出来るのだが、樹林帯の中の急登が続き、眺望は殆ど望めない。5時半ころ足元が明るくなり、明かりを消す。
d0007657_11270778.jpg
道は良く整備されている。
d0007657_11335128.jpg
この標識は英語表記もあるので、未だ何とかなるが、大抵はハングルしか書いてないので手に負えない。この辺りから先行する登山者達に追いつく。皆、3時ごろに出発してるんだ!紅葉の始まった道。
d0007657_11385388.jpg
1.708mの山頂(大青峰)まで標高差1.400m(標準タイム・4時間半)を3時間半で着いた。未だ捨てたもんじゃないか?
d0007657_11403282.jpg
山頂から小青峰を望む。遠景は北朝鮮方面。金剛山に連なっている。
d0007657_11441304.jpg
新興寺へ下る北方稜線コースは長そう。
d0007657_11463536.jpg
大青峰と小青峰のコルにある「中青待避所」。日本の山小屋と同じ。食事、寝具もある、が、小屋泊りは予約要。日本からの予約方法が解りません。
d0007657_11510340.jpg
左の峰が山頂(大青峰)。
d0007657_12104305.jpg
下山コースは標準タイムが6時間半とか。ウンザリするほど長い。
d0007657_12114225.jpg
喜雲閣待避所。ここも予約要。
d0007657_12172865.jpg
小屋の前で、休憩する人達。
d0007657_14010264.jpg
仙仏洞渓谷に下っていくと、周囲に大岩壁が聳え、素晴らしい景観となる。
d0007657_14042300.jpg
スケールも半端じゃない。穂高の屏風岩がショボく見える。
d0007657_14060806.jpg
d0007657_14120889.jpg
固い花崗岩の滝。冬はアイスクライミングが楽しめそうだ。
d0007657_14130296.jpg
後から後から大岩壁が現れる。
d0007657_14312967.jpg
将軍峰を登るクライマーが豆粒みたいに見えた。ここはクライマー天国だ。しかし日本の山雑誌などに殆ど情報が載らないのは何故だろう?(西日本のクライマーにとっては、北アに行くよりずっと近いのに。)
d0007657_14354198.jpg
登下降合わせて、9時間半で麓の新興寺に到着。少し足に来ました。
d0007657_14380255.jpg
バスでソクチョに戻る。
ソウルに帰って、街歩きと喰い歩き。
d0007657_14421668.jpg
東出門の登山ショップ街。アークテリックスの店もある。
d0007657_14434909.jpg
東出門の路地裏にある「ミョンドン・タッカンマリ」で「サムゲタン」を食す。今回最高の美味さ!
★韓国の人達は旅人に対して、とっても親切でした。儒教の教えで、爺には優しいのか?それにしても焼肉とキムチを食いすぎたか。

by kikunobu111 | 2017-09-27 11:24 | 店主のプライベート
三平山登山
9/10(日)大山南方の三平山(1.010m)にノンビリ登山。
d0007657_16523890.jpg
未だ残暑の道をゆっくり歩く。50分で登頂。
d0007657_16540646.jpg
笹の中に秋の花々が咲いています。

by kikunobu111 | 2017-09-10 16:56 | 店主のプライベート