正月山行
2017年12/31(日)30日の夜、T君と,がら空きの高速道路を木曽御嶽中腹の濁川温泉へ。懸垂下降で川に下ると、期待通りの氷壁が。
d0007657_10160462.jpg
何組かのアイスクライマーが来てた。ワクワクしながら登攀開始。
d0007657_10174619.jpg
思ったより楽に登れる。島根半島の岩場での、ドライツーリング訓練が役に立っている。
d0007657_10195675.jpg
ヴァーテイカル(垂直)の氷柱だと、体が後ろへそっくり返るので、前傾壁を登ってるみたいだ。  最後にリードトライ。スクリューハーケンが上手く氷に食い込まない。数ミリ刺さったアックスに左手で掴まって右手でスクリューを入れるのは息詰まるような緊張感です。風雪の強まった氷壁を後に、豊田市郊外のボルダーへ。
d0007657_10342296.jpg
d0007657_10344181.jpg
大晦日はキムチ鍋。貴重な酒をひっくり返してしまい、ショック。
1/1(月)昨夜の雨でボルダーが濡れていて、ノンビリ乾くのを待つ。
d0007657_10371108.jpg
古美山園地の「リーチ岩」で遊ぶ。「のみパッチン 3級」を登るT君。岡山の矢掛ボルダーより辛めのグレード?
d0007657_10404036.jpg
「文明開化 初段」
d0007657_10415043.jpg
「一難去って 1級」をしつこくトライするが、時間切れでギブアップ。
d0007657_10431291.jpg
午後11時前に帰宅。★氷登りは久しぶりの体験だ。30年位前、甲斐駒・黄連谷・左俣とか、仙丈ヶ岳・岳沢、錫杖岳・前衛フェース・3ルンゼなど登ってた頃は、普通のピッケル、アイゼンだったのに比べると隔世の感がある。当時は斜度60度位が限度だったが、今の先鋭的な道具を使えば、垂直以上も可能となる。

by kikunobu111 | 2018-01-02 10:30 | 店主のプライベート
<< 初売りは明日(5日)です! 今年もお世話になりました >>