しょぼい日曜日
2/21(日)朝寝して、さて、何処に行くあても無し。ふと思いついたのが、島根半島、北浦、管浦の境に聳える北浦富士。
d0007657_18374165.jpg
何処から見ても秀麗な山容です。前から登りたかった。三方を海に囲まれた山頂の風景は格別だろう。山麓を登山道を探して歩くが、見つからない。2回藪に突入したが、跳ね返される。諦めたころ、地元の爺さんと遭遇。尋ねたら、アッサリ教えてくれた。稲積の「稲奈阿気神社」の裏から道があると。
d0007657_18434571.jpg
ありました。それも立派なトレールが。峠まで登ると、道は海の方へ下って行く。釣り師の道だ。
d0007657_18471163.jpg
峠から頼りない踏み跡を山頂めざして直登。
d0007657_18474377.jpg
踏み跡は急傾斜になり、鎌で笹やいばらの蔓を切りながら進む。
d0007657_18494534.jpg
山頂まで数10mで猛烈な藪になる。鎌で切り開かないと前進出来ない。やっとついた山頂。(172m)
三角点が藪の中にあるが、眺望はゼロ。ガックリだ。恐らく最近登山した人は居ないのだろう?藪の中で下山の方向を間違えたらしい。又、山頂まで登り返し。やっと下山コースを発見。この山を目指す人は登りながらテープ印やナタ目を付けといたほうが良い。
d0007657_19225199.jpg
d0007657_1932417.jpg
稲積から見る稲倉山。出雲風土記の時代には「麻仁曾山」と呼ばれてたらしい?道を整備して、標識を建て、山頂の見晴を良くすれば、素敵なハイキングの対象になるんだが。(これからは皆、鎌持参で、少しずつ整備して行きたいものだ)。
d0007657_197547.jpg
帰りに半島某所で、フキノトウを採取。少し時期が遅かったか?帰って、クライミングジムへ行く。
d0007657_1910671.jpg

by kikunobu111 | 2016-02-21 18:53 | 店主のプライベート
<< 本 岩登り・入門教室 >>