沢登り敗退
10/4(土)松江を昼前に出発。
d0007657_1057985.jpg
登山口スタートが、午後1時。65Lのリュックに酒、食材などギッシリ詰めて、中蒜山頂の無人小屋で1人宴会の積り。予定の小三郎谷は下調べ無し。どーせ簡単なガラ場歩きで稜線だろう。その上ヘッドランプまで忘れる体たらく。
d0007657_10582991.jpg
出だしは誠に順調。水の涸れた下水道みたいなパッとしない沢だ。
d0007657_10585732.jpg
途中ナラタケの大群落に出くわす。
d0007657_10595236.jpg
二俣を過ぎると小滝が連続し出す。幸いガバホールドで楽に登れる。
d0007657_1112245.jpg
d0007657_1113811.jpg
この滝で行き詰る。直登はちょっと無理。左岸側を落ち口の高さまで登るが、数メートルのトラバースが悪そうだ。重荷が恨めしい。ここで落ちたら只では済みそうにないので、慎重にクライムダウン。弱点を見つけて左岸の草付きを攀じ登る。既に午後3時。尾根に出るが猛烈な藪だ。潔く撤退に決定。陽の陰りだした谷を急いで下降。ちょっと山を舐め過ぎた登山でした。
d0007657_11101665.jpg

by kikunobu111 | 2015-10-05 11:10 | 店主のプライベート
<< Mウオール ペッツル・シャルレ ピッケル入荷 >>