荒島岳スキー登山と瓢ボルダー(単独)
3/24(日)米子を過ぎて暫くして、スノーシューを忘れたことに気づき引き返す。最初からこれじゃ、先が思いやられる。福井ICから大野市経由で登山口へ。夕暮れの空に浮かぶ荒島岳、剣岳を小ぶりにした風で格好の良い山だ。
d0007657_19134819.jpg
勝原コースの登山口でキャンプ。人っ子一人いない。酒をチビチビ。
d0007657_19135675.jpg

3/25(月)早起きして、午前5時、ヘッドランプで足下を照らしながらスキー場跡の斜面を登る。次第に周囲が明るくなって行くこの時間帯は素晴らしい。リフトの残骸があるゲレンデトップから雪道になる。
d0007657_19143994.jpg
カリカリに凍った雪道をキックステップで登るが、テレマークブーツはつま先が曲がるので、キックがやり難い。(結局スノーシューは無用の長物だった)。
d0007657_19144654.jpg
「トトロの木」という看板があった。?この上でアイゼンを付ける。
d0007657_19145483.jpg
シャクナゲ平の下を巻いてコルへ。もちが壁の下にスキーをデポする。荷が軽くなりスピードアップ。
d0007657_191508.jpg
一人の登山者にも遇わない。静かな雪稜を辿る。背後は小荒島岳。
d0007657_191581.jpg
朝日が当たって銀色に輝く頂稜。
d0007657_19151613.jpg
山頂へのトレースを振り返る。遠くに白山の連峰。
d0007657_19152382.jpg
3時間50分で登頂。積雪期としては速い?360度の展望を独り占めだ。初めて登る山だが、好天に恵まれた。
d0007657_19153217.jpg
凍った社。暖かいココアでアンパンを喰って下山開始。
d0007657_19154110.jpg
スキーデポから滑降開始。雪も程よく軟らかくなり滑り易い。コルから谷へ滑り込む。下部の様子が解らないので、途中から斜滑降で、登ってきた尾根に合流する。中腹から藪が煩くなりスキーを担ぐ。2時間半で下山。下山中、3人の登山者とすれ違う。皆単独行だ。
d0007657_19155288.jpg
国道158号を郡上八幡へ。途中九頭竜ダムを見る。
d0007657_191605.jpg
d0007657_19164323.jpg
時間があるので、九頭竜湖と荒島岳を水彩。
3/26(火)今日は次の目標、瓢ガ岳でボルダリング。美濃市から長良川源流の山腹に広がる日本有数のボルダリングエリアだ。持参した「日本100岩場」トポが実に解り難い。相当ウロチョロして、やっと上流山エリアに辿りつく。
d0007657_19173052.jpg
3~6級課題に挑戦。この辺のグレードだとオンサイトもし易い。しかし被った課題が多いので、マット一枚では怖い。一度突き出た岩の上に尻から落ちて悶絶!
d0007657_19174160.jpg
やはり面白そうな課題はスポッターとマット数枚が要る。
d0007657_19175232.jpg
下の洞窟の天井裏から登るのが、「メインガ・エクステンション」4段+。国内最難レベルの課題の一つ。手がかりを触ってみたが、とても持てるような代物じゃない。上の方で落ちたら相当ヤバイ?
d0007657_19181196.jpg
平日にもかかわらず、トライしている若者もいる。
d0007657_19181886.jpg
ハッバマシンガンの岩。右の4級が面白かった。
d0007657_19183158.jpg
そして今夜も一人キャンプ。空き腹に酒が浸み込む。
d0007657_19184048.jpg
焼きソーセージと滅茶苦茶な鍋料理。
d0007657_1919532.jpg
荒島岳スキー登山は2月中がベストか?それと滑降コースの下調べ不足。
d0007657_19192670.jpg

by kikunobu111 | 2014-03-26 19:20 | 店主のプライベート
<< 片江ボルダー 水彩 斐川 >>