大山・北壁(滝沢)単独登攀
2/23(日)午前4時に出発。南光河原Pに5:30着いたら、既に満車。ヘッドランプを頼りに元谷へ。
d0007657_153551.jpg
元谷小屋付近で明りを消す。雪は締まってるかと思ったら、大間違い!フカフカの新雪で雪崩が心配。前の人影はガイドの近藤さんだった。弥山尾根に向かってる。
d0007657_154384.jpg
朝早くから、弥山尾根は登山者の行列。滝沢へ向かうのは俺一人。ワカンを付けて膝まで埋まる。雪崩れそうで不安だが、取り付きまで様子を見に登る。7:30.取り付き。割合、粘りのある雪なので大丈夫でしょう。
d0007657_1541148.jpg
滝沢下部は氷化した斜面とフカフカ雪が交互に現れる。ダブルアックスで高度を稼ぐ。F2を超えた所で沢は二分。迷った末、右に入る。小さい氷壁を越えたら、不安定な雪壁になる。斜度は50~60度くらい。アックスを刺しても効かないので、塹壕みたいに雪を掘ってジワジワ登る。そのうち雪の下は浮石の壁になる。墜落の可能性大だ。ルートを間違えたらしい。二俣まで戻ろうにも、非常に不安定な雪壁の下降をしなければならない。ボルダリングで鍛えたバランス感覚を信じて一歩一歩下降。両手のアックスは殆ど効いてないので、足場が崩れたらヤバイ事になる?集中力を保ちながら1時間以上かかって60m程、二俣まで下降。
d0007657_1541886.jpg
左のルンゼは割合快適に登れる。硬く凍った急斜面にアイゼンの前爪だけが食い込む。日が当たりだして、小さな石がパラパラ落ちてくる。
d0007657_1542537.jpg
上部にも二俣があって、迷った末、左に。中ノ沢源頭にトラバースする。縦走路が見えてきた。天気が良いのでゾロゾロ歩いてる。
d0007657_1543417.jpg
3時間余りかかって縦走路に飛び出す。ホッと一安心。
d0007657_1544466.jpg
山頂も人が一杯。最高の登山日和だ。
d0007657_1545396.jpg
6合目まで下って、登った滝沢を振り返る。40数年前の冬にロープを使って二人で登っているがもっと凍っていて登り易かった。
d0007657_15549.jpg
三鈷峰。しかし冬の大屏風岩には人影が無いなー。これを登って大山冬壁卒業となるんだが。
d0007657_1551510.jpg
2合目付近のブナ林。春近い感じです。
d0007657_1552232.jpg
今日使用したアイスツール。左は40年使ってるアイスハンマー(カンプのハミングバード)。大山の冬壁には、セミチューブが非常に使いやすい。真ん中はグリベルの氷壁用アイゼン。重いが信頼性抜群。右はカンプの氷壁用アックス。軽くて、非力な俺にも振り易い。
d0007657_16431643.jpg

by kikunobu111 | 2014-02-23 15:07 | 店主のプライベート
<< 早春 水彩 持田 >>